過去の特集記事より、グリチルリチン酸(2)

編集の北です。

 

 

 

 

 

 

 

                 

            
今日は昨日の続きです。
         
         
●アトピー性皮膚炎にとって危険な成分「グリチルリチン酸」
(あとぴナビ 掲載記事より)
          
▼副腎皮質ホルモンとは?
          
腎臓の上にある小さな臓器である「副腎」からは、主に三つのホルモンが放出されることが分かっています。
        
1.糖質代謝ホルモン(糖質コルチコイド)
          
この糖質代謝ホルモンの構造式を化学的に再現したのが、一般的にアトピー性皮膚炎の人が使っている「ステロイド剤」です。
ホルモンとは、「生理作用」と「薬理作用」の二つの作用を持っていますが、糖質代謝ホルモンの本来の目的は、文字通り、「糖質の代謝」に使用されています。
そして、薬理作用として使用されるのが、抗ストレス作用と抗炎症作用です。
ヒトが、強いショックを受けた際(精神的なショックや、肉体的なショックいずれも)、そのショックから身を守ってくれているのが、糖質代謝ホルモンの抗ストレス作用によるものです。
交通事故などでショック状態に陥った際に、ステロイド剤を注射されることがありますが、これも、抗ストレス作用を期待してのものです。
副腎皮質ホルモンは、ヒトの生命維持には欠かせないホルモンとされている大きな理由が、この抗ストレス作用にあります。
そして、同じく薬理作用の働きとして、抗炎症作用があります。
この働きは、体内の免疫活動を抑制することで、炎症を抑えるというもので、免疫を抑制する働きを期待して使われているのがアトピー性皮膚炎の人が一般的に使用している「ステロイド剤」なのです。
          
2.塩類代謝ホルモン(鉱質コルチコイド)
          
塩類代謝ホルモンの生理作用は、文字通り、体内のナトリウムとカリウムなど、塩類を調整する働きです。
そして、薬理作用は、糖質コルチコイドとほぼ同じような働きを持っており、抗ストレス作用や、抗炎症作用を有しています。
実は、先に述べた糖質代謝ホルモンと、この塩類代謝ホルモンの違いは、主たる働きの方向性の違いに過ぎず、糖質代謝ホルモンは微弱ながら塩類代謝ホルモンの働きを有していますし、逆に塩類代謝ホルモンも糖質代謝ホルモンの働きも持っていることが分かっています。
コレステロールから作られるホルモンを総称して「ステロイドホルモン」と呼ばれていますが、糖質代謝ホルモンも塩類代謝ホルモンも、ステロイドホルモンの一つです。
         
3.性ホルモン
          
副腎からは、同じくステロイドホルモンとして、性ホルモンも分泌されていることが分かっています。
ここでいう性ホルモンは、男性ホルモンが主体となります。
         
このように、副腎からは3つのホルモンが分泌されていますが、今回のテーマである「グリチルリチン酸」は、この3つのホルモンの中の「鉱質コルチコイド」と非常に似た物質で、同じような働きを持っていることが分かっています。
            
        
明日は、これらのホルモンの働きとアトピー性皮膚炎への関係について見ていきましょう。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

副腎皮質ホルモンには、いろいろな種類があるが、その中でアトピー性皮膚炎に関わるのが性ホルモン以外、ということになるじゃろう。
ただ、アトピー性皮膚炎のリバウンド状態と呼ばれる悪化状態に陥った時、脱毛など、性ホルモンが関与していると思われる状態が見られることもあるから注意は必要じゃろうの。