急な気温上昇のアトピー対策とは?(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
今週から、全国的に夏日のところもあるくらいに気温が高くなります。
また、空気も乾燥しているので、スキンケア、入浴等のケア、生活環境もそれに合わせたものにする必要があります。
急な気温上昇の際の、アトピー対策のポイントを紹介しましょう。

▼ポイント:冬春用のスキンケア、入浴、生活環境から、適切な初夏用の内容に替える

ポイントは、冬春用のケアから初夏用のケアへの切り替えを考えることになります。
アトピー性皮膚炎の方のスキンケアで、まず考えなければならないのは、角質層の乾燥状態をいかに緩和させるかということになります。
冬から春にかけての乾燥時期は、角質層からの水分蒸散量も増えるため、アトピー性皮膚炎でない方も「乾燥肌」でお悩みのケースが増えてくることもあるかと思います。

アトピー性皮膚炎の方は、角質層内の水分を保持する因子、細胞間脂質(セラミドやフィラグリンなど)が健常な方と比べて、少ないことが分かっています。
そのため、大気の乾燥は、健常な方が「乾燥肌」と感じるような状況を招いた場合、アトピー性皮膚炎の方が感じる「乾燥肌」の度合いは、健常な方と比べて、相当に強い状態であると言えるでしょう。

一般的な乾燥肌対策として行うスキンケアでは、アトピー性皮膚炎の方が「必要」とするケアができていない一番の原因が、この「角質層の水分を保持する」力が不足していることと言えるわけですが、初夏になってくると、気温の上昇と共に、大気の湿度も上がってくることで、角質層からの水分蒸散量も自然減少することになります。

したがって、今度は、初夏に多いアトピー性皮膚炎の肌状態をケアする方法へとチェンジしてくることが求められるのですが、ここに気がつかないと、バリア機能の低下が防げないこともあるでしょう。

こうしたケア方法は、スキンケアだけでなく、入浴や生活環境のケアも同様です。
アトピー性皮膚炎の方で、お肌の状態が悪い時は、ケア方法を変えたくない、というケースが多いのですが、お肌に合っていないケアは、症状を停滞させるのではなく悪化させます。
ちょうど、急な気温上昇は、このお肌に合っていないケア方法に陥りやすいタイミングでもあるので、ご自身の肌状態に合わせたケアを考えていくようにして欲しいと思います。

明日は、具体的な悪化の症状について見ていきましょう。

                       
おまけ★★★★南のつぶやき

個々人ごとに合わせた適切なケア方法は、お気軽にアトピー相談室までご相談ください。

フリーダイヤル 0120-866-933(受付10時~19時)