過去記事より、4月のアトピーケアのポイントとは?(5)

編集の北です。

 

 

 

 

 

 

 

                     
今日は、今回の記事の最後となります。精神的な悪化要因、その他の悪化要因について考えていきましょう。
        
        
●4月のアトピーケアのポイント
        
■精神的な悪化要因と対策
          
4月から5月にかけて、春の季節は精神的な影響がみられることがあります。これは、生活の環境が変わりやすい時期であることも関係していると考えられていますが、うつ状態に落ち込むと、内分泌や自律神経への影響も大きくなり、対策を考えることは大切になります。
精神的な疲労に対する最も有効な対策は「睡眠」です。
ただ、気持ちが落ち込むことで睡眠がとりづらい場合もあり、同時に意識したいのは、「肉体的な疲労を与える」ということです。
肉体的な疲労は、その回復のために副交感神経を働かせますので、睡眠がとりやすく、またストレスの解消につながりやすくなります。
運動や入浴をしっかり反復継続して行うと、こうした精神的な悪化要因への対策となることがあります。
ただし、肉体的な疲労だけ与えて放置することは逆効果です。
必ず「睡眠」あるいは「休息」をセットで行えるように意識しましょう。
          
■その他の悪化要因と対策
       
4月は、その他、意識したいこととして「汗の対策」があります。
気温の変動が大きい時期ですので、衣類による温度調整がうまくいかないと、汗をかくことによるマイナス面を受けることがあります。
汗には、スキンケアの役割もありますからプラス面も多いわけですが、かいた汗を放置しておくことは皮膚と体への両面にマイナスの影響を抱えていることを忘れないようにしましょう。
汗の対策は、かいた汗を拭きとること、そして洗浄です。
物理的な対策を考えると、衣類で上手に調整することも意識するようにしましょう。
       
         
記事は以上となります。
今年は少し季節の進行が早いようですが、それでも環境要因の変化は関係なく毎年同じようん訪れます。
特に精神的な要因は、「5月病」という言葉があるように、初夏に向かう中で、揺らぎが大きくなることで、生じやすい要因です。
睡眠など、意識して生活の中で行える対策もありますから、適切に行うように心がけましょう。

                            
おまけ★★★★南のつぶやき

お肌の状態が安定しない季節です。
気になる点があれば、お気軽にお電話でご相談くださいね。

●アトピー相談室 0120-866-933(受付 10時~19時)