●●しないは、失敗する??(3)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、今回のテーマの最後になります。
            
        
●禁煙、禁酒、ダイエット……「●●しない」を目標にする人は失敗する
https://news.goo.ne.jp/article/president/life/president_44019.html?page=1
         
         
■軌道修正は「週1回」がちょうどいい
         
[コツ3]週単位で行動の軌道修正をする
        
とりあえずやめてみた後は、定期的に振り返って軌道修正しましょう。では、軌道修正はどれくらいの頻度で実践すればいいのでしょうか。
「1週間ごと」というのが、意外にも効果があるのでおすすめです。
私が週1軌道修正をおすすめする理由は2つあります。
第一に、週に1回であれば、なんとか時間を確保でき、実践できるからです。「1日」単位だと、タスクに埋もれてしまうことがあります。でも1週間あれば、「やるべきこと」だけでなく「やりたいこと」に着手する時間を確保できます。また「月単位」だと、「やるべきこと」に圧倒されて、どこから手をつけていいかわからなくなることがあります。でも1週間単位であれば、自分でハンドリングできる目標をたてることができます。
          
第二に、年に50回リセットするチャンスを得られるからです。
もし仮に、今週うまくいかなかったとしても、週単位で考えることで週末にリセットして、翌週から新たに挑戦することができます。仮に実行できなかったとしても、翌週にすればいいわけですから、リカバリーも可能です。そして、毎週軌道修正するとすれば、1年で50回も挑戦したり、リセットしたりする機会があるので試行錯誤しやすいのです。
          
■うまくいかないなら、やり方を変えればいいだけ
         
では、軌道修正では、毎週、具体的に何をしたらいいのでしょうか。
まずは、「3つの視点」でチェックしてみてください。
3つの視点とは、具体的には、以下の通りです。
        
・「うまくいっていること」は増やす
・「うまくいっていないこと」は減らすかやめる
・「新しいこと」を始めるか、「やり方」を変える
         
例えば、お風呂上がりにビールを飲む代わりに炭酸水を飲んでうまくいったのだとしたら、「うまくいっていること」は増やせばいいので、毎回それを実行すればいいわけです。
また、お風呂上がりにビールを飲む代わりに炭酸水を飲んだけれど、物足りずにビールを飲んでしまったのだとしたら、「新しいこと」を始めるか、「やり方」を変えればいいので、お風呂上がりに飲むものを炭酸水以外のもの、ウーロン茶やコーヒー、レモン水などに変えて試してみればいいわけです。
            
このように、ちょっとした軌道修正を積み重ねていくことで、思っていたよりスムーズにやめられるようになることがあります。
働き方や生活が大きく変化するときというのは、時間の使い方、働き方、生き方を見直すチャンスでもあります。せっかくなら、これをきっかけに健康的な習慣を身につけてみませんか。
          
         
記事は以上となります。
今日のポイントは「上手くいっていることは増やす」という部分でしょう。
当たり前のことのようですが、現状に変化があって、その変化が満足いくものの場合、その現状は「なるべく変えたくない」という傾向があります。
もちろん、体に与える変化ですので、増やすことが必ず良い、というわけではありませんが、良い変化は、しっかりと体に与えることも大切でしょう。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

アトピーの方は、スキンケアにしろ治療にしろ、一度始めた場合、他の方法に「変える」ことを躊躇するケースは多いようじゃ。
それは、変えることによる悪化を恐れているわけじゃが、少なくとも「停滞期」のようなものを感じた場合、あるいは症状悪化を逆に感じた場合には、変化を求めていくことも大切じゃろうの。