梅雨から夏のスキンケア方法について(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
気温が上がってきましたが、そろそろ梅雨入りも近くなってきたようです。
今年は、例年よりも気温が高くなりそうなので、アトピー性皮膚炎の人は梅雨の時期、特に感染症には気をつける必要があります。
そこで、梅雨から夏の時期に向けたスキンケアの方法について考えてみましょう。

▼肌をさっぱりさせる

夏の時期、アトピー性皮膚炎の方にとって重症化しやすい一つの要因が、汗から痒みやかぶれを生じて、それを起点に感染症が悪化することです。
皮膚には、マラセチア菌という真菌群が常在菌として存在しています。
このマラセチア菌が汗を餌にして出す排せつ物が、起炎物質となって、痒みや炎症を作り出すことが分かっています。
アトピー性皮膚炎でない、もともともっている皮膚のバリア機能が「正常」な方であれば、マラセチア菌による炎症は生じづらいのですが、バリア機能が「低下」したアトピー性皮膚炎の方は、その影響を受けやすい状態になっています。
そこで、低下したバリア機能でも影響をうけづらくする対策を施すようにしましょう。

・洗浄する

まず最初は洗浄です。
かいた汗を放置すると、放置した時間が長いほど、マラセチア菌の影響を受けやすくなります。
そこで、汗をかいた部位は、一定の間隔で「洗浄」を行うようにしましょう。
外出時など、「洗浄」そのものが難しい場合には、湿らせたタオルやお絞りで「ふき取る」だけでも、ずいぶん違います。
一番良くないのは、汗をかいたあと、赤みや炎症が目に見えた状態で現れても、そのまま放置することです。
目に見えなくても、影響は少しずつ受けている状態ですので、夏の時期、症状悪化を防ぐためには、かいた汗を長時間放置しないことをまずしっかりと行うように意識しましょう。

・保水する

洗浄を行うと、どうしても皮脂も一緒に失うことになります。
もちろん、界面活性剤を使用していないAPゼロウオッシュなど、皮脂を落としづらい洗浄剤を使用することも一つの方法ですが、それでも水やお湯で洗浄する以上、皮脂を全く失わない、ということはありません。
そこで、皮脂が持つスキンケアの役割と同等のケアを肌に与える必要があります。
冬の乾燥時期であれば、「保水」+「保湿」が適切なケアとなりますが、湿度がある程度ある夏の時期、基本は「保湿機能がある保水」がベストでしょう。
あとぴナビのケアアイテムであれば、APローションかAPローション+SK20が、保湿機能を含んだ保水のケアとして最適です。
もし、保水のケアだけでは、肌の違和感(ムズムズ、チクチクなど)や乾燥状態が和らがない場合には、オイル系のアイテムを薄く塗布して保湿を重ねましょう。

以上のように、洗浄と保水で肌を「さっぱり」させることで、悪化因子の低下、防御機能のアップを行いましょう。
明日は、入浴の部分を見ていきましょう。

                             
おまけ★★★★博士のつぶやき

同じ季節でも、気温や湿度の状況を予測して、その対策を考えておくことは大切じゃの。
もちろん、今の時点では長期予報に基づいて考えておるから、実際の気象状況を把握した上で、柔軟に対応して欲しい。