2016年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
                               
                          
                     
                       
                    
                             
                            
                            
                             
2016 年がスタートいたしました。
ここ数年、アトピー性皮膚炎を取り巻く環境は、大きく変化し始めております。
特に、これまでアトピー性皮膚炎の原因としてアレルギー的要因が主流となっていたのが、皮膚機能の要因に注目が集まり、京都大学や慶応大学など、各研究機関において、皮膚のバリア機能がアトピー性皮膚炎の主な原因として関わっていることが論文発表されています。
昨年はさらに、痒みを知覚する神経の分野において九州大学、オックスフォード大学が、慢性化する痒みについての論文を発表しており、アレルギー以外の分野における証明が次々となされている状況です。
もっとも、これらの新たな研究によりアレルギー的な要因が関与するアトピー性皮膚炎の存在が否定されるわけではなく、アレルギー的な要因とそれ以外の要因が混在して発症に関与しているのが実状なのでしょう。
あとぴナビでは、今年もこうした各研究機関が発表する論文の中で、今後のアトピー性皮膚炎治療に役立つ情報について取材を行い、読者の皆様にお知らせしていきたいと考えております。
また同時に、日頃のケアに関する情報、読者の皆様のご相談事例、役立つケアアイテムの情報など、アトピー性皮膚炎のケアに実践できる情報などもお伝えしてまいりたいと思います。
本年がアトピー性皮膚炎でお悩みの皆様方にとって有益な一年となることを祈りつつ、新年のご挨拶に代えさせていただきます。
                    
あとぴナビ スタッフ一同