体の放熱を上手に行いましょう

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                   
アトピー性皮膚炎の方で「熱がこもる」という体感を持っておられる方は、意外と多くおられます。その原因は、自律神経系のバランスが乱れることなど、いろいろと考えられますが、今日は、体の「熱」について、少し考察してみたいと思います。

体の温度が下がり始めると眠たくなる、これは研究で1999年に明らかにされました。そのラジエーターの役割をしているのが「手の甲」、「足の甲」、「太ももの内側」の皮膚と考えられています。
赤ちゃんの手が温かくなるのは、眠たいサインだそうです。これは、熱を逃して脳の温度を下げ、眠気を誘っているようです。
そして、大人でも同じことが起こっていて、寝る前に寒いと手足の末梢血管が縮んで熱を逃すまいとするため、寝付きが悪くなります。冷え症で手や足が冷たくなりやすい人は、熱を逃すのが下手であるため寝付きが悪くなるということが言えるでしょう。

体は熱を皮膚から放出するシステムを稼働させ、体内の温度、脳の温度を下げて、体内の化学反応を不活性化し、代謝を下げ、休息状態、つまり睡眠状態に入ります。
アトピー性皮膚炎の方は、特にステロイドを使用している方の場合、ステロイド剤の副作用で、血管が縮みやすく皮下血流が悪くなることが分かっています。
そのため、正常な放熱ができにくく、布団にはいっても体がほてって眠れないと言う方が多くおられます。
このような方は、眠る1時間半ほど前に、ぬるま湯にゆっくりつかり、副交感神経を優位にさせ、血管を拡張させると、熱の放出が高まり、眠りやすくなります。

実際、アトピー性皮膚炎の方は、汗をかきにくかったり、かくことが苦手な方が多いようです。
でも、実際にアトピー性皮膚炎が良くなっていく過程を追っていくと、「汗を正しくかけるようになると急激な快復をし始める」という経験は、これまで温泉湯治や入浴を行う方々を見ていて、良く経験します。
また、手足の甲、太ももの内側に炎症があってラジエーターが上手に働かない方へは、チュビファースト(※筒状包帯)を使って、熱を上手に放出してあげると眠りやすくなるようです。
なお、体の熱を取るため、保冷剤などを使う方もいますが、これは皮下血管の収縮を招くので、かえって熱の放出がされにくくなることがありますから注意が必要です。
正しく、熱を逃がすケアを行うことが大切だと言えるでしょう。

また放熱ケアも大切ですが、生活習慣を整えて、自律神経のバランスを整え、正しい生体リズムを根付かせることも重要です。
その意味で、正しい入浴は、放熱と言う意味だけでなく、自律神経のバランスを調整する効果も高いので、アトピーケアには有効だと言えるでしょう。

これから暑い季節に入りますが、入浴をシャワーだけで済ますことがないように注意しましょう。

                             
おまけ★★★★博士のつぶやき

夏の時期、入浴を行うと、汗がいつまでも引かずに寝づらい、と思う方もおるかもしれんが、これは、「入浴温度」によって、体感はかなり変わってくる。
暑い温度で入浴すると、皮膚表面の温度だけが上昇、気化熱で体温を下げるため、汗が一気に噴き出すことになる。
じゃが、ぬるい温度で入浴すると、体温と近ければ近いほど、入浴後の体熱放散の必要性がなくなるため、ジワッとした汗が出ることになる。
このジワッとした汗は、皮脂腺からの皮脂と乳化することで皮脂膜を形成、自分の力でスキンケアを行うことができるようになるのじゃ。
入浴を行う際には、入浴温度には気をつけて欲しいものじゃの。