残暑の季節の注意点(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                     
9月も中盤に近づきましたが、今年は天候も不順で、今のところ思ったよりも残暑の影響は大きくないようです。
先週の予報をみると、秋晴れが少なく、残暑は短いのでは、という内容でした。
ただ、気候はちょっとした変動で大きく変わってきますので、油断せずに対処しましょう。

さて、今日は、今月号(電子版あとぴナビ9月号)の記事から、残暑対策について抜粋してご紹介いたします。
        
         
●夏後のダメージ回復方法教えます!
(電子版あとぴナビ9月号より)
         
■目に見えない疲れが蓄積
            
暑さで熟睡できず睡眠が足りない、冷房で冷えて体がだるい、冷たいものの食べ過ぎや暴飲暴食で胃腸の調子がよくない、夏休みで外出が続き休んだ気がしない・・・
9月に入ると暑さが一段落して、涼しく過ごしやすい日が多くなるので、まずは夏の疲れの清算をしましょう。いつまでも夏と同じ生活習慣を続けている人は、回復しないうちに秋を迎えてしまわないように要注意です。
         
■秋に体調を崩さないためには?
          
夏は湿度が高く、よく汗をかくので、肌の乾燥を感じない人が多いようです。しかし調子がいいからと夏のケアを続けていたのでは、秋になって肌の乾燥を招きかねません。また、体に疲れが残ったままだと症状の悪化や回復の遅れとなってあらわれます。
残暑厳しい日が続いたり急に涼しくなったりと、気候の変化が激しい9月。毎日のスキンケアも、その日の気候や自分の肌の状態に応じて、プラスマイナスする必要があるのです。
         
■9月のアトピー肌の状態は・・・
         
1.乾燥がやわらいでいる
        
乾燥しがちなアトピー肌の人も、まだ湿度が高くて汗をかきやすいこの季節は、比較的過ごしやすいようです。またジュクジュク肌で夏が辛かったという人も、湿度が低下し始める9月は調子がよくなる方が多いようです。
        
2.感染症にかかりやすい
         
汗をかくと皮膚の毛穴が開いてホコリや菌・ウィルスなどが入りやすい状態になったり、あせもから「とびひ」などの感染症を招くケースも。残暑で汗をかいたにもかかわらず、ケアを怠ったり、疲労や栄養不足によって免疫力が低下していれば、感染症にかかりやすくなります。
          
3.外部からの刺激で疲れている
          
プールの塩素、紫外線を浴びる、汗をかいた肌がアルカリ性に傾く、タオルでこするように汗を拭く、洗顔回数が増える・・・・などなど、夏は知らず知らずのうちに肌に物理的なダメージを与えています。まずはその回復を優先させましょう。
        
             
記事にあるように、夏場は体調的な面を含めて、お肌にも大きなストレスを受けていることが多いと言えるでしょう。
基本的には、そうした「ダメージ」を受けた部分を「回復」させることを意識すると良いでしょう。
この季節の対処を間違えると、特に乾燥タイプのアトピー性皮膚炎の方の場合、秋から冬にかけて、皮膚のバリア機能が乾燥などにより低下した段階で、炎症が広がってくることがあります。
ダメージからの「回復」、そして秋から冬に向けての「準備」をしっかり意識するようにしましょう。
具体的な方法については明日に続けたいと思います。

                           
おまけ★★★★北のつぶやき

大田さんが書いた、残暑の記事は、電子版あとぴナビ9月号にて掲載されています。
詳しくは下記をご覧ください。

http://www.atopinavi.com/eb/201409_navi/index.html