アレルギーの児童が増加している

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                         
さて、先日のニュースで、アレルギーの児童が最近9年間で4割増えている、という記事が出ていました。
             
            
●アレルギーの児童生徒45万人、9年間で4割増
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131216-OYT1T00392.htm?from=top
             
卵や牛乳、小麦などの食物にアレルギーがある児童生徒は、全体の4・5%にあたる45万3962人に上ることが16日、全公立小中高校を対象とした文部科学省の調査で分かった。
2004年の前回調査の32万9423人(2・6%)に比べて、9年間に人数で1・4倍、比率で1・7倍に増えた。
調査は昨年12月、東京都調布市で給食を食べた小5女児が死亡した事故を受けて、今年8月、小中高約2万9000校に通う1015万人を対象に実施。その結果、食物アレルギーがある児童生徒は、22人に1人の割合でいることが分かった。9年ぶりに調査した同省は「予想以上の増加。食物アレルギーを持つ子供が増えているのに加え、調布市の事故後、意識が高まったことで、学校による把握が進んだ可能性がある」とみて、今後、有識者と詳細な分析を進める。
じんましんや息切れ、強い腹痛など、複数の症状が出る「アナフィラキシー」の発症経験がある児童生徒は4万9855人(0・5%)。症状を和らげる自己注射薬「エピペン」を2万7312人(0・3%)が持っていた。学校でエピペンを使った事例は08年4月から今年8月までに408件あった。
               
                  
この記事は、アトピー性皮膚炎ということではなく、食物アレルギーに対するものですが、小児の場合、かゆみを引き起こす原因として食物のアレルゲンが関与することは、成人よりも多い傾向があります。
これは、消化吸収機能が成長途上であることなども関係していると言われていますが、即時型の反応が、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させるケースがありますから、こうしたアレルギーの児童の増加は、アトピー性皮膚炎増加の背景の一つとして考えてよいとも言えるでしょう。

記事では、アナフィラキシー事故の報道などによる意識が高まったことなども関係しているのでは、ということでしたが、いずれにしても、アレルギー反応を示す小児が増えていることは確かでしょう。

こうしたアレルギー症状が増加した背景には、やはり小児の生活習慣が関わってくると思われますが、食物アレルギーの場合、これまで何度かブログで取り上げているように、「見えないところ」で「気づかないところ」で、実はアレルゲンだった、ということがあります。
アトピー性皮膚炎の場合、こうした「気づかない」アレルゲンが、症状を悪化させる要因となることも考えられるため、食物アレルギーが増加している傾向にある、ということは覚えておくとよいかもしれません。

                       
おまけ★★★★大田のつぶやき

アトピー性皮膚炎の場合、食物アレルギーは消化吸収機能の成長と共に、軽くなるケースは多いのですが、今回の記事であるような「アナフィラキシー」的な反応は、消化吸収機能とは関係なく現れますし、またその反応も重くなりやすいので注意が必要です。
気になるのは、そうした反応が、離乳食開始直後から見られる、ということではなく、成長の過程の中で見られるようになっているのでは、と思われることです。
こうした要因は、やはり生活習慣、生活環境に依存しているところがあるように感じます。