暑さとアトピー性皮膚炎の悪化の注意点(1)

今日は、本格的な夏を迎えて、アトピー性皮膚炎の方が、夏場に注意したい点について、おさらいをしておきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
             
             
1.汗対策
                
まず、夏場の「悪化対策」の基本となるのは、汗の対策じゃろう。
汗は、含まれる抗菌ペプチドが、皮膚の防御機能を担っており、皮膚にとっては、大切な「因子」ではあるのじゃが、同時に、皮膚に常在するマラセチアグロボーザというカビが作り出すタンパク質が汗に溶け込み、汗腺から再吸収されることで、炎症を引き起こすことがある。
イメージとしては、いわゆる「汗にかぶれる」状態じゃな。
汗の対策が十分でないと、炎症から掻き壊しにつながり、皮膚の防御機構が低下することで、その後の感染症など、次の悪化要因を招きやすくなるのじゃ。

では、汗の対策とはどのようなものかというと「汗をかかない対策」ではなく、「かいた汗を拭きとる対策」を考えて欲しい。
なぜなら、汗をかかない状態は、皮膚が持つ機能を低下した状態にしてしまう。
汗は汗腺から出るのじゃが、汗腺と一緒にある皮脂腺からは、汗をかくことで一緒に皮脂もでる。
この皮脂が「自分の体で行うスキンケア」である「皮脂膜」となるから、汗をかかない=自分の体でスキンケアが十分にできていない、ということにつながってくる。
さらに、最初に述べたように、汗には抗菌ペプチドなど、皮膚を防御する役割をいくつも持っておるから、汗をかかないことは、皮膚にとってマイナス要因になる、というわけじゃ。

これまでのブログで、他のスタッフも、何度も述べておると思うが、「しっかり汗をかいて、しっかり汗を拭きとる」これが大切になってくる、ということじゃな。
              
                 
2.紫外線対策
              
紫外線は、適度に浴びることでビタミンDの生成を助けたり、皮膚を殺菌したりするなど、プラスの働きを持っておるのじゃが、汗と同様にマイナスの働きも持っておる。
具体的には、アレルギーの閾値を下げることで炎症反応を起こしやすくしたり(免疫機能を低下させることで、免疫機能の異常状態を招きやすくなるため)、ランゲルハンス細胞に影響を与えることで、バリア機能を低下させることにつながってくる。
最近は、オゾン層の話題が減ってきたようじゃが、昔と違い、紫外線のダメージは受けやすい状況に変わりはない。

紫外線の対策としては、「衣類や日傘などで物理的に紫外線を遮断する」という方法があるが、長袖の衣類は気温が高い中では、汗をためやすく、また体調の悪化にもつながりやすい。
日傘なども、上からの紫外線は避けられるが、地面に反射した紫外線は避けられん。
そこで、アトピー性皮膚炎など、皮膚のダメージが残りやすい方は、UVケアが基本の対策と言えるじゃろう。
なお、UVケアを行う場合の注意点としては、SPF値などが高すぎるものはオーバースペックとなるため、20~30前後のものが良いじゃろう。
SPF値50となると、日の出から日の入りまで紫外線を浴び続ける時間の防御となり、そのために必要な成分は、お肌に対して刺激をどうしても与えやすくなってしまうからの。
最近は、ノンケミカルでもSPF値が高いものが作られるようになったようじゃが(基本的に、SPF値を効率よく上げるためには、紫外線反射ではなく紫外線吸収するケミカルな成分が中心だったため)、それでも実績はまだ浅く、現実的な紫外線を浴びる時間から考えると、SPF値が高いものは事実上、「効果時間」でみると、差がなくなってくることを知っておいた方が良いじゃろう。

また、SPF値などの数値は背中に1平方センチあたり2mgを塗布して計るようになっておる。
実際には、かなり厚く塗って計っておる、ということじゃな。
そのため、汗などをかきやすい環境下においては、汗と混ざって「落ちる」こともあり、外出時などは、途中で塗り直すことも考えた方が良いじゃろうの。
明日は、「エアコン対策」について見ていきたい。

                          
おまけ★★★★東のつぶやき

今日、博士がとりあげた汗対策、紫外線対策は、専門の医師を取材した特集もありますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。
               
●アトピーと汗
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=care&c2=2&c3=2
                 
●紫外線からアトピーを守ろう!
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=care&c2=4&c3=6