【Q&A】薬剤で抑えること、休職することの選択(2)

今日は、昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、強い薬剤の治療を受けることで得られるものと、リスクについて述べた。
今日は、「脱ステ」を行った場合について考えてみたい。

まず、ステロイド剤を「使用しない」場合のメリット・デメリットについて考えてみたい。
メリットとしては、ステロイド剤が悪化因子になっている場合、それを取り除くことで症状が良くなることが期待できる、ということがある。
どういったケースかといえば、皮膚の感染症が継続している場合やステロイド剤によるIgEの増強による悪化が考えられる場合じゃな。
それぞれ見極めは難しいのじゃが、ステロイド剤の皮膚の受容体は使い続けることで減少することが分かっておるから、他に大きな悪化要因が考えれない中、同じステロイド剤を使用して症状が抑えきれない状態にある場合や、ステロイド剤を使用した部位に痛みを伴う炎症が繰り返し生じておる場合じゃ。
基本的に、ステロイド剤は免疫を抑制することで炎症を抑えられる働きがあるから、使用しながら症状が悪化している場合には、ステロイド剤を使用することでマイナス要因が生じておる可能性がある、ということじゃな。

もちろん、アトピー性皮膚炎そのものが他の悪化要因(今の季節ならば花粉症、など)で悪化したため、同じランクのステロイド剤では抑えきれない状態になった、ということも考えられるが、長年、アトピー性皮膚炎で悩んで治療を受けてきた方なら、季節的な悪化要因などは何度も経験しておることが多いから、事前に察知することも、それを回避するための行動も取っておることが多い。
長年アトピー性皮膚炎で悩んでいる方の場合、そういった要因も考慮に入れながら、他の悪化要因が関係していないケースも考えてみる必要がある、ということじゃな。

いずれにしても、ステロイド剤を使用しないことで、ステロイド剤を起因とする悪化要因は少なくとも防げる、ということじゃ。

次に、デメリットは何かというと、大きく分けて二つある。
まず一つが「症状が抑えられない」ということじゃな。つまり、皮膚の状態が悪くなる、ということじゃ。
ステロイド剤を使用すれば、多かれ少なかれ、免疫を抑制する、という働きは行ってくれるから、その時の症状(状態)と薬剤の強さに応じて「症状を抑える」という「結果」はついてきてくれる。
当然、ステロイド剤を使用しなければ、症状を抑えるものがなくなる分、皮膚に症状が現れることになるじゃろう。
特に感染症が併発していた場合、感染症により生じた炎症そのものもステロイド剤は抑えてくれるため(免疫を抑制することで感染症そのものは悪化したとしても)、見た目の症状が落ちいていると、ステロイド剤を中断することで、従来のアトピー性皮膚炎の炎症に加えて、感染症の炎症までもが一気に広がることで、見た目の症状は相当悪く見えることになる。
良く言われる「リバウンド症状」は、この感染症を併発していたケースが多いと考えられておる。

そしてもう一つのデメリットは、「QOL(生活の質)が低下する」ということじゃ。
ステロイド剤で症状が抑えられない、さらに症状が悪化した状態になる=「強い痒みが継続する」ことは、それを経験したものでないと、その辛さは分からない、と言われるほど、過酷な辛い症状じゃ。
強い痒みに襲われておるときは、その他の行動がほとんど制限されることになる。
「睡眠」も制限される行動の一つじゃ。
当然、睡眠がとれない状況になれば、日常生活を送る上でも、大きな支障になってくるようになる。

もちろん、こうした大きな二つのデメリットは、ステロイド剤を使用していたヒトが、その使用を中断することで必ず起きる、というものではない。
ステロイド剤を長期(この「長期」という期間は個人差がある)にわたって反復継続して連用した場合に、一部のヒトにデメリットのリスクが生じる、というのも確かじゃ。
中には、十年以上使用しても、そういったデメリットが生じることがない、ということもあるようじゃからの。

じゃが、多くの人は、使用した期間に比例して、このデメリットが現れるリスクは高まることになる。

では、やはり薬物の治療で症状を抑えるよりも、「脱ステ」を行う方が正しいのじゃろうか?
ここに難しい問題が潜んでおるのじゃ。

長くなるので続きは次回じゃ。

   
おまけ★★★★ジョシュアのつぶやき

明日と明後日は僕がブログを担当するので、博士の続きは23日から再開します。
明日は前回のプレゼントの当選者の発表だよ!