睡眠は量と質を考えて十分に

アトピー性皮膚炎の方にとって、発病と悪化のメカニズムを考えた時に、重要な生活内の要因として考えられるのは「睡眠」じゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
睡眠によって、自律神経の調整が行われ、内分泌の活性化が行われる。
自律神経と内分泌によって強い影響を受けておる免疫機能の異常状態が、発症と悪化の原因の一つとなっておるアトピー性皮膚炎の場合、睡眠が占める役割は大きいと言えるじゃろう。

じゃが、アトピー性皮膚炎の方の場合、症状が悪化してくると、この「睡眠」の確保が容易でなくなってくることが多い。
本来、免疫機能の異常状態がみられても、ヒトには、その異常状態から生じる「免疫の働き」を調整するための機能を同時に持っておる。
それは、主に副腎皮質ホルモンの中の糖質コルチコイドが持つ薬理作用によってもたらされる。
アトピー性皮膚炎の方が一般的に用いる「ステロイド剤」は、この糖質コルチコイドを合成した薬剤じゃ。
糖質コルチコイドが持つ薬理作用、「抗免疫作用」により、免疫の働きを低下させ、炎症を生じさせなくする、炎症が生じなければ痒みが生じない、ということじゃな。

ところが、この糖質コルチコイドは、体内の産生で見ると、一日中、均等に作られておるわけではない。
主に、午前4時~7時頃をピークに大量に作られ、その他の時間は産生レベルは低いレベルで維持されておる。
つまり、早朝に作られたホルモンを、その日、一日で使いきり、次の日の早朝にまた作られる・・・ということを延々と繰り返していくわけじゃな。

じゃが、この糖質コルチコイドは、本来、生理作用である糖質代謝と抗ストレスで優先的に使われる性質があり、産生がされる前の夜間は、薬理作用である抗免疫作用は弱くなる傾向がある。
したがって、アトピー性皮膚炎の方の場合、どうしても夜間の痒みは出やすい傾向があるのじゃ。

さらに、糖質コルチコイドの産生には、ピークである早朝前に「どれだけ睡眠がとれていたか」も関わるとされており、アトピー性皮膚炎で夜の痒みがあって眠れない場合、糖質コルチコイドの産生が弱まり、そのことで次の日の夜が眠れない・・・という悪循環が起きやすいのじゃ。

睡眠不足が健康に与える影響はいろいろと行われておる。

 
●睡眠不足で遺伝子発現に悪影響、研究結果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000009-jij_afp-int
 
たった一週間の睡眠不足であっても、遺伝子に悪影響を及ぼし得る――26日に発表された報告書によると、睡眠不足は遺伝子発現にマイナスの影響を与える可能性があることが分かった。この発見が、睡眠不足とさまざまな健康状態の関係を明らかにするヒントになるかもしれない。
 
こんな研究も:夜勤は乳がん発症リスク高める
 
十分な睡眠の不足が、心臓疾患や認知障害、肥満といった健康状態と関連していることはすでに確認されている。眠りの研究を専門とするディルクヤン・ダイク(Derk-Jan Dijk)氏と研究チームは、睡眠不足が健康上の問題にどのように関連するのかに着目しながら、症状の裏側にある分子メカニズムについての詳細な調査を行った。
 
その結果、毎晩6時間以下の睡眠で1週間を過ごした場合、炎症や免疫系、ストレス反応に関連する711の遺伝子の発現に影響が出た。
 
さらに、1晩に10時間までの睡眠が認められた調査対象者と比較すると、睡眠が不足していた人たちの遺伝子は概日リズム(サーカディアンリズム)が不規則になり、1日を通して発現が高くなったり低くなったりする遺伝子の数が急減した他、さらに多くの遺伝子において、約24時間周期の振動の幅が収縮した。
 
調査期間の最後の日には、調査対象者に対し、一定の時間をおいて血液検査をしながら、40時間にわたって起きていることを求めた。その結果、それまでに十分な睡眠を取っていなかった人たちは、十分に眠っていた人たちに比べて7倍の影響を受けていたことが分かった。
 
通常、健康な成人にとっての夜間の睡眠時間は、7~8時間と考えられている。

 
記事にある発ガンリスクは、アトピー性皮膚炎とは直接関わってこんが、気になるのは炎症や免疫系、ストレス反応に関連する遺伝子に影響が出てきた、というところじゃろう。
当然、免疫機能が関わるアトピー性皮膚炎にも、何からの悪影響が見られても不思議ではない。

いずれにしても、アトピー性皮膚炎を解決する上では「睡眠」をどのように取っていくのか、というのは大きな課題と言えるじゃろうの。

   
おまけ★★★★博士のつぶやき

痒みで眠れない、という状況自体は、その時点においてはどうしようもない部分はある。
じゃが、生活行動を優先するために「睡眠不足」を生じさせることはアトピー性皮膚炎に対して大きな「マイナス要因」といえる。
仕事、受験など、いろいろな理由はあるかと思うが、可能な範囲で「睡眠を優先する」ことは大切なことと言えるじゃろう。