血液を薄めない

先日、古くからお世話になっている大塚晃志郎先生という方と、食事をする機会があり、その時、興味深い話があったので、今日は、それを紹介したいと思う。

 

 

 

 

 
 
話のポイントは、

①血液を薄めない

②自然塩を少し多めに取る

ということじゃ。
 
まずは、大塚先生の書籍(「治る力の再発見」・日本教文社)にも掲載されていた箇所があるから、それを記載したいと思う。
話は、原爆による被爆についてじゃが、リバウンド時の「やけどのような皮膚症状」、「免疫力の低下」の改善には共通しているらしいんじゃ。

 

1945年8月9日、長崎に原爆が投下された。その爆心地から、たった1.8キロのところで、当時浦上第一病院(現・フランシスコ病院)医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。博士は焼けただれて痛がる人々に、「水を飲んではいかんぞ!」と大声でどなった。おそらく直感的に、血液の濃度を保ち、血液を水で薄めることなくガードしようとしたのだろう。
さらに博士は、次のように職員に命令したという。
 
「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米ご飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日たべさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」(秋月辰一郎著『死の同心円 ― 長崎被爆医師の記録』講談社刊)
 
「放射線宿酔」と呼ばれる、レントゲンを受けたあとにおこることがある全身の倦怠感、頭痛等の症状には、体験上、生理食塩水よりも少し多めの塩分を含んだ水を飲むと良いということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガード(免疫力を高め維持する)するには、塩が有効であることを推理したのだ。
 
味噌汁は少し濃い目のカボチャの味噌汁であった。のちに、わかめの味噌汁も多くとったらしい。
 
砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。
 
すると、どうであろう。そのとき博士といっしょに患者の救済にあたったスタッフらに、いわゆる原爆症が出なかったのである。普通ならしだいに原爆症の症状がでて、進行してしまうところなのに、彼らはそれからのち、ずっと現実に生き延びているのである。
 
(中略)
 
博士は人間の体質にとって、味噌が実に大切であることを説き、後にこう語っている。
「この一部の防御が、人間の生死の境において極めて重要なのである」(秋月一郎著「体質と食物」クリエー出版部)
 

 
という内容のものじゃった。
 
大塚先生は、飲んでいるときに「アトピー性皮膚炎のリバウンドのようなときもいっしょだと思いませんか?」とおっしゃっておられた。
 
確かに、これらはアトピー性皮膚炎の方、特に、リバウンド症状が見られる方には同じようなことが言えるじゃろう。

水分はとらないといかんが、汗もかいていないのに摂りすぎている方は多い。
これらは、余分な水分を体に溜め込んでいるので、むくみなどの原因となり、体も冷えやすくなると言えるんじゃ。
それと、塩分やミネラルが慢性的に足りないと、元気がでないし、免疫力は明らかに低下する。
経験で考えても、濃いカボチャの味噌汁や、自然塩を少し多めにとることは重要なことのように思うの。
身体は、とにかくバランスの上に成り立っているといっても過言ではないのじゃから、水分も適量良いということじゃろう。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

先日、牛乳のことについてブログを書きましたが、牛乳を摂りすぎると、かえってカルシウム不足になる原因の一つに、牛乳はカルシウムの吸収が良すぎるため、体内でカルシウムの量を増やすことで、結果的に、体外に排出されるカルシウムや、カルシウムとバランスをとっているその他のミネラル成分を失うことがあるそうです。
今日の博士のブログを読んで感じましたけど、水分も同じようなことが言えるということなんでしょうね。