優しい気持ちと絵

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 今日は、アトピー性皮膚炎の話ではないのですが、イラスト大好きのIさんから、とっても可愛い「天使のイラスト」を送ってくださいましたので、ご紹介しますね。
Iさんは、今、一生懸命、アトピー性皮膚炎の克服を目指して頑張っておられますが、毎日を過ごす目標の一つに「優しい気持ちを持って生活すること」というのを掲げていらっしゃいます。
毎日、かゆみや炎症と闘っていると、どうしても心が落ち込むこともあるでしょう。
でも、そんなときに、気持だけでも前向きにできれば、それはプラスの効果となると思います。

 

 

 

 

 
どうですか。ほのぼのしていて、和みますよね。
ちょうど今、Iさんは、名古屋近郊の喫茶店でイラスト展に出品されているそうです。
それでは、Iさんにいろいろお話をお伺いしてみたいと思います。

 

(南)
「心温まる、ほのぼのタッチですね。
イラスト展はどちらで開催ですか」

(Iさん)
「ありがとうございます(^○^)
イラスト展は今回は13日から25日まで近所の喫茶店です(^○^)
あとぴナビブログに掲載したら、近場の読者が訪ねてきてくれるかな!!
それ嬉しいですね(^○^)」

(南)
「ところで、天使っていうテーマも心地よいですし、描かれている表情もとても穏やかな印象があります。
イラストを描く時には何か、願いを込めて書いていらっしゃいますか。」

(Iさん)
「天使の絵は、描くときはただ楽しく描いて何も考えてないときが多いのですが、飾るときは、やっぱり観るひとが、ハッピーで明るいほわっとした気持ちになってほしいなーと、明るいイメージの絵を選んで飾っています(^○^)」

(南)
「天使の絵を通じて、見る人に伝えたい事は?」

(Iさん)
「そうですね、自分はいつも愛されて、守られている存在なんだ、幸せになっていいんだ、つらいときもひとりじゃないんだ、てことですかね~(^○^)」

 
Iさん、どうもありがとうございました。
Iさんの絵には、
「幸せになっていいんだ!つらいときもひとりじゃないんだ」
という気持ちがこめられているのですね。

イラスト展をのぞいてみたい方は、下記のアドレスまでメールください。
詳しい場所などをお知らせしますね。

ombas@ombas.co.jp

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

心身はともに大きな関連性を持って保たれておるもんじゃ。
気持が落ち込めば、食欲もなくなり、睡眠がとりづらくなることもあるかもしれん。
逆に、元気な気持ちを保てれば、活動しようという気もでてくるじゃろうし、そうなれば代謝もアップする。
素敵な絵、素敵な音楽など、癒されるものは身のまわりを探せば、いろいろと出てくるかもしれんの。