【閑話休題】「子宮頸がんワクチン」受けに行ったら…コロナワクチンを接種?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

                     
連日ブログを担当するね。
今日も新型コロナウイルスの記事を紹介するね。
             
            
●女子生徒が「子宮頸がんワクチン」受けに行ったら…コロナワクチンを接種される
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210827-OYT1T50185/
            
和歌山市は26日、市内の医療機関で、子宮 頸けい がんワクチンの接種を受けに来た10歳代の女子生徒に、新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。
市によると、生徒は24日、子宮頸がんワクチンを受けるため医療機関を訪れた。同じ時間帯に複数のコロナワクチン接種の予約が入っており、医師が生徒をその一人と思い込んで接種した。
生徒はそれまでコロナワクチンは未接種。体調に異常はなく、2回目も接種する予定という。このミスで本来接種する予定だった1人がコロナワクチンを受けられず、日程を変更した。
市は、市内の医療機関に対し、ワクチンの種別によって接種時間や場所を分けるなどの再発防止策を徹底するよう呼びかける。
            
          
こうしたヒューマンエラーは、完全に防ぐことは難しいのかもしれないけど、ちょっと注意のかけ方を変えるだけで、防げることも多いと思うんだ。
ワクチンの量が多かった、という記事もあったけど、適切な接種ができるようになると良いね。

                       
おまけ★★★★東のつぶやき

ワクチンの中に異物が混入、などの記事もありますが、正常でない接種が出てきてしまうことはどうしようもないのかもしれませんが、少なくとも、その誤った接種を受けた人にとっては深刻な問題になることもあります。
二重三重のチェックが作れるようなら、そうした体制を心がけることも必要なのかもしれません。