【閑話休題】感染後も抗体ができない人?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は、新型コロナウイルスに関する記事を紹介するね。
              
              
●新型コロナ、感染後も抗体ができない人は相当数?
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dfc66009f0f8245d765c1d596eff1e036a91701?page=1
            
新型コロナウイルスに感染した人の中には、自分にはすでにこのウイルスに対する免疫があると考えている人もいるだろう。そのため、ワクチン接種は不要だと思っているかもしれない。だが、そう信じ込んではいけない可能性がある。
米疾病対策センター(CDC)が発行するジャーナル、Emerging Infectious Diseaseにペンシルベニア大学の研究チームが発表した研究結果によると、感染した人の36%の血液中に、新型コロナウイルスの抗体が確認できなかったという。これは、かなり大きい割合だ。感染した人でもワクチン接種を受ける必要があることを示す、さらなる証拠といえる。
研究チームはPCR検査で陽性が確認された72人を対象に、いずれも症状が治まってから少なくとも3週間が経過した時点で血液を採取し、調査を行った。対象者のうち2人は無症状で、13人(18%)が軽症、48人(67%)が中等症、9人(12%)が重症だった。
その結果、新型コロナウイルス表面のスパイクタンパク質に対する抗体が確認できたのは、46人だった。抗体量は人によってかなりのばらつきがあったという。また、抗体が確認できなかった人の年齢は、できた人と比べ、平均10歳若かった。その他、気道のウイルス量が少なかった人の方が、血中の抗体量が少ないことも明らかになった。
対象者が72人のこの研究は、規模が大きいものとはいえない。だが、当然ながら、感染したすべての人に抗体ができるわけではないこと示唆する研究結果は、この他にもある。例えば、医学誌ランセットが発行するEClinical Medicineに発表されたイスラエルの研究では、感染した698人の5%は血清陰性のままだった。
オックスフォード大学出版局が発行する感染症学のジャーナル、Journal of Infectious Diseases に発表された別の研究結果によると、ニューヨークの住民を対象にした血清抗体調査では、こうした人の割合はさらに高く、約20%だったという。
              
▼専門家は既に感染した人にもワクチン接種を推奨
            
もちろん、免疫によって新型コロナウイルスからどの程度守られているかを示すのは、抗体量だけではない。抗体がないことが必ずしも、まったく防御されていないことを示すとは限らない。
抗体が検出されなくても、免疫系では別の防御機能が働いている可能性があるだろう。ただ、抗体が確認されないことは、その人がよりハイリスクである可能性が高いことを示している。
新型コロナウイルスは感染しても無症状の人と、重症化する人、死亡する人がいる。症状が続く期間も、人によって大きく異なる。つまり、結果としてつくられる免疫によって守られる程度にも、人によって大幅な違いがあると考えることができる。CDCやその他の機関の公衆衛生の専門家たちが、すでに感染した人にもワクチン接種を推奨するのは、そのためだ。
感染によって誘導された抗体が、どの程度維持されるかが明確ではないことも、ワクチン接種を受けるべきもうひとつの理由だといえる。今日確認された抗体が、いつまで保たれるのかを明らかにすることは難しい。
接種に対する反応も、人によって異なるだろう。だが、ワクチンについては、数千人を対象にした臨床検査が行われている。研究者たちは感染によって得られた免疫よりも、ワクチンがもたらす防御システムについて、より良く理解できるはずだ。
              
              
普通は、風邪やインフルエンザに感染すれば、抗体ができて、そのシーズンは同じ風邪やインフルエンザに罹ることは非常に珍しいんだけど、新型コロナウイルスは、少し違った傾向があるみたいだね。
感染した人、ワクチンを打った人も、その後の感染を防ぐためには、やはり感染防止対策は今でも必要なんだろうね。

                            
おまけ★★★★大田のつぶやき

新型コロナウイルスは、変異の早さも、今回の記事に大きく関係しているように思います。
ブレイクスルー感染などという言葉も、良く目にするようになりましたが、抗体を持っていても、その抗体で対抗できるウイルスが少しずつ変異を強めていくと、その効果が薄れても仕方ないのかもしれません。
やはり、「感染しない」ように心がけることは大切ですね。