【閑話休題】感染激減のインドが「絶対参考にしないで…」(3)

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       
今日も、昨日の続きです。
            
        
●感染激減インドから日本へ「絶対参考にしないで…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f281d579e97ea9620512ecdfaffe2d0926828278
         
▽インド感染激減の背景に“大きな犠牲”
       
感染拡大が止められず、大きな犠牲を払うこととなったインド…

(元大統領府報道官 アチャッタ・ダッタさん)「夫と母はまったく何も治療を受けられませんでした。とても惨めでとてもつらかった。」

元インド大統領府報道官のアチャッタ・ダッタさんは4月末に母親と夫をコロナで亡くしました。
その後、家族全員の陽性も判明し呼吸困難に陥った姪のため酸素ボンベの確保に奔走したといいます。

(アチャッタ・ダッタさん)「今でも毎日家で話します。(家族を救うために)何をすべきだったのか。これは生き残った者が感じる罪悪感です。できる限り早くワクチンを打ってください。これが唯一のコロナと闘う方法です。」

インドでは感染爆発で孤児が増加。首都圏だけで5640人の子どもがコロナで両親のどちらかを失い、273人の子どもが両方を失ったといいます。
アミット医師は、感染拡大が止まらない日本にこう警鐘を鳴らします。

(インド政府 専門家会議メンバー アミット・ダット医師)「インドから学んでください。自然感染で集団免疫を獲得すると大きな犠牲を払うことになります。絶対に参考にすべき方法ではありません。パンデミック下ではリーダーシップが非常に大切です。政府が信頼を取り戻したうえで(国民と)感染対策を実行すること、それがこのパンデミックと闘うための唯一の道なのです。」

                           

新型コロナウイルスは、自然感染でも大きな犠牲を伴う、ということなんだろうね。

やはり、個々人でかからない対策を施すことが大切なのかもね。

                                      
おまけ★★★★博士のつぶやき

日本では、現在、ワクチンの接種が進んでおるが、接種による効果を見誤っておる面がどうしてもあるの。
ワクチンの接種が、どういった「利益」があるのか、正しく理解して、その利益の範疇外の部分を、適切に補っていくことが大切じゃろうの。