【閑話休題】ワクチンと感染では抗体の質が異なる?(1)

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       
新型コロナウイルスに関連する記事を紹介するね。
            
          
●ワクチンと感染では作られる抗体の質が異なることを発見
-変異型ウイルスに対するワクチン開発への応用に期待-
https://www.riken.jp/press/2021/20210715_3/index.html
          
理化学研究所(理研)生命医科学研究センターサイトカイン制御研究チームの久保允人チームリーダー(東京理科大学生命医科学研究所教授)らの共同研究グループは、インフルエンザウイルスに対する免疫反応がワクチン接種とウイルス感染では異なることを発見し、経鼻感染の方がワクチン接種よりも質の高い中和抗体である「広域中和抗体[1]」が産生されることを明らかにしました。
弱毒生ワクチン[2]の有効性を明らかにした本研究成果は、今後流行が予想されるインフルエンザウイルスだけでなく、感染拡大が懸念される変異型新型コロナウイルスに対しても有効なワクチンの開発に貢献すると期待できます。
今回、共同研究グループはマウスを用いて、インフルエンザウイルスの「不活化ワクチン[2]」接種と「弱毒生ワクチン」を模倣した経鼻感染において、生体内で産生される抗体の質的・量的比較を行いました。すると、不活化ワクチンではワクチン株に対抗できる抗体だけが産生されましたが、経鼻感染ではワクチン株だけでなく、構造の異なるウイルス株にも対抗できる広域中和抗体が産生されることが明らかになりました。この広域中和抗体は、免疫反応が起こるリンパ節内でT細胞[3]と抗体産生B細胞[3]が効率的に出会う胚中心[4]で産生されること、またB細胞の分化増殖因子であるインターロイキン4(IL-4)[5]を欠くマウスでは、この胚中心が十分に発達しないために広域中和抗体の量が激減することが分かりました。これにより、IL-4は胚中心内B細胞の増殖を促進することで、中和抗体の多様性を広げる重要な働きをすることが明らかになりました。
本研究は、オンライン科学雑誌『Nature Communications』(6月18日付)に掲載されました。
        
▼背景
       
現在、インフルエンザの予防のために広く使用されている「不活化ワクチン」は、ワクチンに使用したインフルエンザウイルス株に対しての有効性は高いものの、新しく現れた構造の異なるインフルエンザウイルス(新型インフルエンザウイルス)株に対しては有効性が低いといわれています。一方、ヒトでの調査研究から、「弱毒生ワクチン(変異によって弱毒化させたウイルスを使用)」の経鼻投与は、新型インフルエンザウイルスに対しても有効性があることが示されています。これは、弱毒生ワクチンでは、ウイルス株を超えて感染を防御できる質の高い中和抗体である「広域中和抗体」が産生される可能性があるからだと考えられていましたが、そのメカニズムは分かっていませんでした。
今後も出現が危惧される新型インフルエンザウイルスだけでなく、新型コロナウイルスによるパンデミック感染をも見据えたユニバーサルワクチン[6]の開発は重要な課題です。そのためには、広域中和抗体の産生メカニズムの解明が必須だと考えられます。そこで、共同研究グループは、不活化ワクチン接種と弱毒生ワクチンを模倣した経鼻ウイルス感染で産生される抗体の質的・量的違いおよび免疫応答の違いを調べることにしました。
         
        
全文は長いので、続きは明日にするね。

                     
おまけ★★★★大田のつぶやき

ワクチンと自然感染による抗体の違いは、以前から指摘されていましたが、今回の研究では、ワクチンの有効期間なども関係してくるので興味深いところです。
現在の新型コロナウイルスのワクチンは、感染を予防するのではなく、発症や重症化の方に関わっていることは忘れないようにしましょう。