熱帯夜とエアコンの使用とアトピー(5)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は今回のテーマの最後で、就寝前のスキンケアについてです。
          
       
5.就寝時の保湿は忘れずに
        
エアコンを使用した際のアトピー性皮膚炎への大きなマイナス点の一つが肌の乾燥です。
その影響を最小限にとどめるため、エアコンを長時間使用する際には、就寝前、安然宣言スキンオイルΩ、プルル植物性ベビーオイルなどのオイル系アイテムで、保湿ケアを行っておくようにしましょう。
特に首や顔、手など衣類に覆われていない部分には要注意です。
チクチクムズムズした、乾燥のサインを感じた場合には、就寝中であっても、オイル系の保湿ケアを行うようにしましょう。

また、寝具と寝巻についても注意が必要です。
エアコンを長時間使用する場合には、肌の露出部位が減らせるよう、タオルケットなど蒸し暑くない寝具を使用するようにしましょう。
          
          
夜の睡眠確保は、アトピー性皮膚炎の炎症を自分でコントロールする(副腎皮質ホルモン)ための活動や、ダメージを受けた肌状態(掻き壊した肌)を回復させる(成長ホルモン)ためにもしっかり行っていくことが重要です。
そして、熱帯夜の睡眠確保は、エアコンを使用した際のマイナス点(乾燥など)を上回る大切なポイントになります。
上手にエアコンを活用しながら、乗り切っていきましょう。

                      
おまけ★★★★南のつぶやき

熱帯夜の対策、睡眠時の対策など気になる点があれば、お気軽にアトピー相談室までご相談ください。

●アトピー相談室 フリーダイヤル 0120-866-933(受付10時~19時)