感染症とアトピーと梅雨の時期の対象方法(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

                     
今日は昨日の続きです。

アトピー性皮膚炎の症状の一部が感染症からもたらされていることは、肌状態が悪い人ほど顕著なのですが、感染症から生じる炎症の「痒み」と、アトピー性皮膚炎から生じる炎症の「痒み」は、その原因や痒みが生じる機序は異なります。
したがって、アトピー性皮膚炎の部分の痒みの対処と、感染症の部分の痒みの対処は、本来なら変える必要があるのですが、今のアトピー性皮膚炎に関わる治療を見た場合、共通して「免疫を抑制する治療」つまり、ステロイド剤やプロトピック軟膏などによる治療が行われています。

感染症により生じた炎症や痒みからかき壊すことで、二次的に生じた炎症に対しては、ステロイド剤などの免疫を抑制する薬剤は効果を発揮することができます。
しかし、元となった感染症による一時的な炎症の部分は、免疫を抑制することで、感染症の菌の増殖を促す傾向に向かいます。

もちろん、最初の炎症そのものも、免疫を抑制する薬剤は抑えることができますから、肌状態(かき壊しなど)が回復し、バリア機能が元に戻ることで、回復のきっかけに繋がることはあります。
しかし、梅雨の時期、もともと感染症の原因となった菌やウイルスは増殖しやすい状態にあるため、かき壊しが回復する前に、悪化した感染症の痒みが次のかき壊しを生んで、肌状態を連鎖的に悪化させることが少なくありません。

感染症の部分とアトピー性皮膚炎の部分を明確に分けることは難しいため、どうしても共通した治療法になるのでしょうが、基本的に免疫を抑制する治療は感染症を悪化させる傾向があるため(感染症により生じた炎症を抑える効果はある)、感染症に対する治療とアトピー性皮膚炎に対する治療は変えることが望ましいと言えるでしょう。

では、感染症の痒みとアトピー性皮膚炎の痒みの対処はどこが異なるのでしょうか?

続きは明日にしたいと思います。

                         
おまけ★★★★西のつぶやき

現在、病院でアトピー性皮膚炎の感染症の治療が行われる場合、感染症の「検査」の元に行われることはあまり多くはない。
ほとんどは、医師の主観により、感染症かどうか、また感染症の種類が判断されて、薬剤の治療が行われる。
しかし、例えばウイルスの感染症に対して(ヘルペスなど)、抗生物質を処方しても直接の効果は得られないし、逆のパターンも同じと言える。
そのあたりの情報も患者側がもって、医師から受ける治療が正しいのかを判断することも必要なのかもしれない。