甲殻アレルギーの人はセミを食べてはいけない?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                     
今回、海外から、アレルギーに関する、興味深い記事がWebでアップされていましたので紹介したいと思います。

             
●米で発生の17年ゼミ、甲殻類アレルギーの人は食べないで! FDA
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcd2604c88abddf333e7c5f0995e2b8786a48f75
              
米国で17年ごとに出現するセミを使った料理のレシピが多数公開される中、食品医薬品局(FDA)は2日、不用意に食べないよう警告した。
FDAはツイッター(Twitter)に、「言っておかなければならないことがある! セミはエビと近縁関係にあるので、甲殻類アレルギーがある人は食べないで!」と投稿した。
メリーランド、ペンシルベニア、バージニア、インディアナ、テネシーなどの州では今、「ブルードX(Brood X)」と呼ばれる17年周期で現れるセミが発生している。
今年のセミの発生は、寒さと一部地域で起きた豪雨の影響で遅れ、散発的となっている。それでも鳥や犬、そして一部の人のセミを食べたいという欲求は衰えていない。
香港生まれの米国人シェフ、バン・ライ(Bun Lai)さんは、地域住民らを公園でのセミ捕りに誘い、揚げたセミで巻きずしを作って振る舞った。
自身のインスタグラム(Instagram)とツイッターで、セミを捕まえて調理し、無料で振る舞うと告知したバンさん。「一緒に料理する食材を持ってきて。私と一緒にいろいろやってみてもいいし、食べるだけでもいい!」と呼び掛けた。
         
         
記事は以上です。
日本では、セミを常食する習慣がありませんので、あまり関係はありませんが、気をつけて欲しい部分は、アレルゲンとして反応する場合、思わぬ形で影響が見られることがある、ということです。
セミと甲殻アレルギーに関係があることは、多くの方が知らないと思います。
このように、知らずにアレルゲンに接している、というケースはアトピー性皮膚炎でも見られます。
注意するようにしましょう。

                           
おまけ★★★★東のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方に関係する代表的なものが、「ラテックスフルーツ症候群」でしょう。
これは、ラテックスアレルギー(ゴムアレルギー)がある方は、一部の果実で炎症が生じやすくなる、というものです。
トマトやメロンなどが該当しますが、自分では関係ないと思っているものが、アレルゲンとして反応しているケースが稀にあることは覚えておくようにしましょう。