花粉爆発に注意を(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                 

                
今日は昨日の続きです。

毎年、花粉症をきっかけに症状悪化につながる方はおられますが、今年は、その傾向が少し変化していきています。
その原因が「花粉爆発」によるものと思われることは昨日述べたとおりです。
花粉の飛散時期は、おおよそ今月中旬~下旬まで続きますが、そこに黄砂の強い影響が加わることで、「花粉爆発」による影響が強まっています。

鼻水など花粉症の症状が見られる方で、お肌はさほど悪くない状態だったのに、額や首など汗をかきやすい部位に突然、炎症が見られ始めて、そこから顔全体や背中、胸の方に炎症が広がった、というような例です。
このような、花粉の影響が皮膚には現れず鼻だけだったのが、突然、お肌が悪化し始め、その原因がつかめない、といったご相談が多くなっています。

もちろん、花粉爆発以外の原因も考えられるのですが、花粉症をお持ちの方で、ちょうど先週あたりから、これまで平気だったお肌の状態が悪化し始めた方は、この「花粉爆発」による影響に注意をしてみましょう。

具体的な対策は、皮膚への細かな花粉の粒子の付着を、いかに防ぐか、ということになるでしょう。
花粉と黄砂が重なる時期は、限定ですので、これから2~3週間ぐらいの間は、露出部位を極力減らす、首や顔など露出が防げない部位は、オイル系のアイテムで保湿や保護をあらかじめ行っておく、帰宅時には露出部位の簡単な洗浄とスキンケアを行う、など、物理的な対策をまず第一に考えるようにしましょう。

その上で、すでに炎症が生じている場合には、バリア機能を高めるケアを考えると良いでしょう。
有効なサプリメントの併用も効果的でしょう。

皮膚のバリア機能は、日々、その状態は変化します。
今日は調子がよかったのに、夜、寝ている間に掻き壊していた、ということもあるかと思います。
日々のお肌の状態に合わせた適切なケアを心がけるようにしましょう。

                       
おまけ★★★★南のつぶやき

具体的な対策などは、症状の出ている部位などによっても異なりますので、気になる方はお気軽にアトピー相談室までご相談ください。

●アトピー相談室 0120-866-933(受付 10時~19時)