アトピー性皮膚炎の方が感じる二つの痒みの違いとは?(3)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日も昨日の続きです。

今のアトピー性皮膚炎治療は、この全く原因が異なる二つの痒みに対して、同じ治療方法(ステロイド剤など抗炎症剤による薬物の治療法)を施しています。
炎症系の痒みは抑えられても、乾燥系の痒みには効果が見られない治療は、アトピー性皮膚炎による「痒み」という症状が、薬物の効果がきれるたびに現れることになります。

もちろん、乾燥から生じた痒みも、掻いてしまえばそこで炎症が生じますので、その炎症からさらに生まれた痒みには効果を示すでしょう。
しかし、大元である乾燥から生じる痒みには影響が与えられませんし、掻くことで皮膚の乾燥状態は進行しますので、その痒み自体は少しずつ強くなっていきます。

ステロイド剤やプロトピック軟膏など、塗布系の薬剤は、元々、基材が持つ保湿剤の効果は有しますが、乾燥状態の肌に最も必要な「保水」の効果は含みません。
アトピー性皮膚炎が、薬剤の使用により少しずつ症状が悪い方向へ進行していくケースがあるのは、痒みの原因が見極められておらず、そしてに上手に対処できていないから、と言えるでしょう。

健常な方が感じる痒みは、一過性のものがほとんどです。
蕁麻疹のような、一時的な抗原抗体反応の結果生じた痒みや、乾燥肌から生じる痒みは、いずれも、掻き壊すことで生じた皮膚の修復を妨げる要因が少ないこと、そして皮膚のバリア機能がある程度保たれていることで、短期間で終息します。
一方、アトピー性皮膚炎の方の痒みは、もともとバリア機能が低下した状態にあるため、掻き壊すことで生じた皮膚のダメージを修復する前に、掻き壊し自体を原因とする「次の痒み」を起因とした悪循環が形成されることで、慢性化していきます。

アトピー性皮膚炎を「治す」ために必要なことは、「痒み」を抑えることではありません。
一過性の痒みだったり、皮膚のバリア機能がある程度保たれた状態であれば、薬剤により炎症反応を抑える治療も有効でしょう。
しかし、皮膚の乾燥から生じる痒みなど、複数の痒みの原因を抱えている場合、いくら痒みを薬剤で抑えても、薬剤で抑えられない痒みで生じた皮膚の掻き壊しが、「次の痒み」を生み出します。

では、アトピー性皮膚炎を治すためには何が必要なのか、というと、健全なバリア機能の形成にあります。
そして、健全なバリア機能を形成するためには、それを阻害している要因を正し、そして形成するための補助となる要因をプラスすることが必要になります。

阻害している要因とは、生活の中に潜んでいます。
睡眠、食事、運動、ストレスなど、反復継続する毎日の生活習慣が大きく関わります。
形成するための補助となる要因とは、バリア機能を高める補助、つまりスキンケアや、スキンケアにつながる入浴、ということになります。

もちろん、アトピー性皮膚炎に関わる要因はバリア機能だけではありません。
しかし、症状を悪化させる感染症や、薬剤では効きづらい痒みの原因である皮膚の乾燥など、アトピー性皮膚炎を慢性化した疾患とする原因は、バリア機能が主たる因子であることは間違いないでしょう。

アトピー性皮膚炎を治していくためには、痒みの違いと原因に対するアプローチの違いを正しく理解すること、そして、慢性化につながるバリア機能をいかに早く健全な状態に「回復」させることが大切かを考えて欲しいと思います。

                          
おまけ★★★★南のつぶやき

症状に関すること、病気の原因に関することなど、気になることはお気軽にアトピー相談室にご相談ください。

●アトピー相談室 フリーダイヤル 0120-866-933(受付10時~19時)