ストレスや更年期で体が痒い?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、痒み関する記事を一つ紹介しましょう。
         
          
●更年期やストレスが原因だった!【オーバー40代の体のかゆみ問題】対策法|美ST
https://news.yahoo.co.jp/articles/85b7737cc8821cacbdce2d2e45cb257c6aacff58
            
最近何だか肌がかゆい。一日中かゆいわけじゃないけど、ムズムズ、チクチク、突然襲ってくるかゆみ。乾燥対策だけじゃ治らない生活習慣や、年齢や体質などが原因のかゆみもありました。あなたの「かゆい」についての疑問にお答えします!
         
▼ストレスも更年期も原因?40代はどうしてかゆいの?
        
更年期に差しかかると、エストロゲンが減ってホルモンバランスが崩れることで肌が乾燥し、外からの刺激に対して敏感になってきます。かゆみを引き起こすのは「ヒスタミン」という化学物質。これが様々な要因でたくさん皮膚の中で分泌されるとかゆみがあらわれてきます。要因は、食事、薬、細菌などの微生物、紫外線、乾燥、ストレス、温度差、湿度、ホルモン、血流障害、肝臓病などの内臓疾患などがあり、多岐にわたります。
         
▼部位によって原因は違う!乾燥と汗は分けて対策
                    
乾燥によるかゆみは、足のすね、肩、腰、太もも、腕など、もともと皮脂腺が少ない部位に起こりやすく、汗でかゆみが出やすい部分は、前髪や首の後ろの生え際、デコルテ、汗が溜まりやすいひじの内側や膝の裏側など。
        
〇注意すべきかゆみは?
         
外的要因は、原因物質が触れたところだけ症状が出るのに対して、内的要因は全身にあらわれます。内臓などに重い病気が潜んでいる場合もあるので、原因の特定が難しいかゆみは受診をお勧めします。
        
〇汗のかゆみはアレルギー?
             
汗は90%が水分で、残りの10%に塩素や尿酸、乳酸が含まれています。水分が蒸発して残りの物質の濃度が濃くなると、皮膚に刺激となってアレルギーを引き起こすことがあります。
         
〇40代のかゆみの原因は外からの刺激と、体の中からも
         
加齢による皮脂分泌の減少で肌が乾燥するとあらわれる「皮脂欠乏性湿疹」という皮膚病や、ホルモンバランスの乱れ、洗いすぎなどによって体にかゆみを感じることが多くなります。40代のかゆみはまず、乾燥に対する対策が必要です。
          
            
今回紹介した記事の内容は、直接、アトピー性皮膚炎とは関係ありませんが、こうした痒みは、健常な方でも起こりえる、そして当然ですが、アトピー性皮膚炎の方にも起こりえる痒み、ということになります。
現在のアトピー性皮膚炎に対する主な薬剤治療は、免疫を抑制することで炎症を抑え、炎症を抑えることで痒みを抑える、といった働きですが、今回の記事で紹介した痒みの中には、炎症系とは違う痒みもあります。
当然、炎症を抑えることで痒みを抑制する薬剤は、他の痒みの原因まで対応はできません。
痒みはアトピー性皮膚炎以外にも起こることを考えて対処するようにしましょう。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

痒み(症状)の原因と病気の原因は、多くの疾患で異なることが多い。
そして、症状に対する治療が、一見、病気に対する治療に見えることが多いことが、薬物の長期連用につながりやすい実態がある。
症状と病気を正しく把握しておくことは大切じゃろうの。