三寒四温の季節、早目の対策を(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                         
日中の気温は少しずつ上昇してきています。
これから三寒四温の時期を迎えますので、まだまだ寒い日はありますが、大気の乾燥だけではなく、気温が急に上昇した場合の汗対策なども、視野に入れておくようにして欲しいと思います。

さて、今日は、最近増加しているアトピーのご相談内容について紹介したいと思います。

1.花粉による悪化と思われるご相談

今年は、花粉の飛散量が多いことが予想されていますが、今月に入ってから、花粉が原因と思われる症状悪化のご相談が目立つようになってきました。
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、外出時は常時マスクを着用していますので、一定の予防対策ができていますが、マスクを着用しない状況下での鼻や目の周囲の炎症から、顔の症状悪化が見られています。
特に、外出時の花粉症の症状が見られない分、室内での対策がまだ始められていない方も多いようなので、「サイン」が少しでも見られたら、早目早目の花粉症対策は行うように気をつけましょう。

マスクによる肌荒れが見られない方であれば、室内でも常時マスク着用することで、かなりの花粉対策は実施できることになります。
また、気温が上がって、露出部位が増えてくると、手や首、足などの炎症が見られることがあります。特に、掻き壊しが見られる肌状態では、付着した花粉による炎症の恐れもあります。

洗浄+スキンケアの対策も、早目に実施するようにしましょう。
明日は、睡眠と新型コロナ対策について考えたいと思います。

                    
おまけ★★★★博士のつぶやき

今年は、花粉による症状の相談が早いようじゃ。
鼻がむずむずしたり、起床時にくしゃみが続くようならば、早目に対策を行うようにして欲しいの。