薬剤にできることを考える(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                     
今日は昨日の続きで、薬剤の問題点と言える「痒みの原因が炎症だけではない」という部分について考えていきたいと思います。

炎症以外の原因の一つが「乾燥から生じた痒みを知覚する神経線維が関与する痒み」です。
アトピー性皮膚炎の症状は「痒み」にある以上、皮膚のダメージは大なり小なり生じます。
そのダメージがバリア機能を低下させ、乾燥を増長させることで、炎症以外の痒みが生まれやすくなります。
同時に、乾燥による痒みから皮膚を掻き壊すことで、炎症が生じますが、その炎症が新たな痒みを生むことで、「痒みの悪循環」が形成されます。

痒みの「出発点」は、個々人により差がありますが、「乾燥」を起点とした痒みの場合、各種の薬剤を使用することによるベネフィット(利益)は、二次的に生じた痒みに対するものとなり、乾燥という起点に対しての効果は限定的です(塗布薬であれば、一定の保湿効果は有しているため、スキンケアの役割はある程度、期待できるため)。

薬剤の使用による炎症の抑制効果は、炎症から生じる「痒み」も抑えることができますが、炎症を生み出す原因の解消にはつながっていません。
簡単な例でいえば、そばアレルギーがある方が、そばを食べて蕁麻疹が出て、その蕁麻疹を抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの薬剤を使用することで抑えたとしても、薬剤を使用しながら「そばを食べ続ける」ことがあれば、いつまでも炎症は出続けるでしょう。
薬剤は、痒みを生み出す「過程」を阻害することはできますが、痒みを生み出す原因(そばを食べる、という行為)は解消することはできない(そばを食べない、という自覚が必要)のです。

基本的に、アトピー性皮膚炎の症状は最初、「軽症」で現れます。
一番最初にアトピー性皮膚炎の症状が現れた際、いきなり「象皮症」(皮膚が厚く固くなる状態)が見られることはありません。長年にわたり、掻き壊しを繰り返すことで、皮膚の防衛反応の結果として、厚く固くなり象皮症の状態に陥るわけです。

現在、治療に用いられている薬剤の全てはアトピー性皮膚炎の症状は治せても、アトピー性皮膚炎の原因を治すことはできません。
そして、症状の治療が原因の治療につながるのは、あくまで初期の段階です。
ある程度、症状が反復継続することで、皮膚のダメージも大きくなってくると、そのダメージがバリア機能を低下させ、「新たなアトピー性皮膚炎の原因」になってきます。

先に述べたように、アトピー性皮膚炎は「軽症」から始まります。
原因が単純なことにあれば、その解消も容易です。例えば、一時的な食生活の乱れから皮膚のバリア機能が低下してアトピー性皮膚炎が発症した場合、二次的な痒みを薬剤で抑えている間に、食生活を改善できれば、自然とアトピー性皮膚炎は「治った状態」となるでしょう。

この「軽症」から始まる部分に、薬剤の問題点があるのですが、長くなるので続きは明日にしたいと思います。

                      
おまけ★★★★大田のつぶやき

痒みの原因とアトピー性皮膚炎の原因が異なるケースは多いのですが、そこを十分に理解していないと、薬剤の使用に「頼り切る」治療を続けるリスクは出てきます。
これは、他の病気でも同じです。
スポーツで膝を痛めた場合、解熱鎮痛剤を使用して痛みを抑えながら膝を痛めた原因であるスポーツを続けた場合、治るよりも悪化する可能性が高いことは理解できるでしょう。
体の症状は「意味」を持って作られていることは忘れないようにしましょう。