温度差による蕁麻疹のご相談が増えているので注意を

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                     

真冬になって、気温の低下と大気の乾燥が進んでいます。
今年に入って、乾燥や冷えに関わるご相談が増えていますが、これは例年の冬の時期と同様です。
例年とは違って少し目立つのが、温度差による蕁麻疹です。

蕁麻疹の多くは、アレルゲンの摂取により生じます。
食物や呼気、接触などにより体内にとりいれられたアレルゲンとの反応により生じますが、物理的な現象による蕁麻疹もあります。
そうした物理的な蕁麻疹の一つが、急に寒い外気に触れた際などに生じる「寒冷蕁麻疹」と、寒い戸外から温かな室内に入った際などに生じる「温熱蕁麻疹」です。

この中で最近、「温熱蕁麻疹」と思われるご相談が増えています。
帰宅後、暖かな室内で、首や手など露出部位を中心に、赤みと痒みが現れ、その後、どんどん広がってくるという状況が多いようです。

基本的に、炎症から生じる痒みなどは、ヒスタミンなどの化学伝達物質が介在して痒みの情報が脳に伝わります。
血管はホースのような管状ではなく、網目のような隙間があります。
寒い戸外から急に暖かな室内に入ると、血管が拡張、網目が広がることでヒスタミンなどの化学伝達物質が血管壁から細胞内に漏れることで痒みを感じるようになります。

この状態は、本来、暖かな室内の状況に「体が慣れる」と血管の拡張状態も収まることで、化学伝達物質の漏れもなくなり、自然と収まるのですが、アトピー性皮膚炎の方の場合、最初に痒みを感じて掻いてしまうと、そこで炎症が発生、その炎症から次の痒みが生じるといった連鎖的な「痒みの輪」が作られ、広がることがあります。

対策としては、温度差による血管の拡張を緩やかにできるような工夫を行うことです。
温度差が出やすい部位は、露出部位になりますので、マフラーや手袋などを着用しておいて、室内に入ってもすぐに脱がないようにしておくこと、浴室暖房があるご家庭ならば、コートなどの上着を着用したままで浴室暖房をつけた浴室内で少し体を慣らす(浴室暖房は、比較的早く温風が出るので)など、寒いと感じる状態を作らずに、温度変化を少なくすることです。

また、いったん掻いてしまった場合には、そこから肌の乾燥状態を進行させ、炎症による痒みだけでなく、乾燥による痒みを生じさせることがあります。
オイル系のアイテムで必ず保湿を行い、皮膚のバリア機能が低下したまま放置しないように気をつけましょう。

                           
おまけ★★★★南のつぶやき

今年は、コロナ禍の影響もあり、これまでとは違った「痒み」を生じやすい方も多いようです。
アトピー性皮膚炎の方は、「痒みの輪」をつくりやすい状態にありますので、気になる状態については、早目にアトピー相談室までご相談ください。

●アトピー相談室 フリーダイヤル 0120-866-933(受付 10時~19時)