真冬の乾燥対策は強めに行いましょう(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は昨日に続いて、乾燥対策のポイントについて考えたいと思います。

二つ目の真冬の乾燥対策は、「入浴温度」を管理する対策です。
これまでブログで何度も繰り返していますが、高い入浴温度は、アトピー性皮膚炎の肌状態に対して、「ダメージ」を与えます。

皮膚の表面を40度以上に「熱した」場合、その温度が継続することは身体に大きな影響を与えるため、熱を放散しようと体は働きます。
その放散は、気化熱により行われます。
主に汗の放散によりますが、角質層からも水分蒸散を行うことで熱の放散が行われます。
これが、角質層の乾燥状態につながり、アトピー性皮膚炎の方の場合には、バリア機能を大きく低下させることで、症状悪化につながります。

では、入浴はアトピー性皮膚炎の方にとって不要なのか、というとそうではありません。

入浴は、39度以下の入浴温度でジワッとした汗をかいて自分の体でスキンケアを行うための「訓練」になるので、アトピー性皮膚炎の方には寒い時期、ケアに役立つ生活習慣です。
冬の時期、アトピー性皮膚炎の状態が悪化したご相談をされてくる方にお尋ねすると、入浴温度が高いケースがよくあります。

気温が下がってくると、入浴温度が低いことで「温まらない」と感じやすい、また少し熱めの温度で入浴した方が心地よく感じる、などの理由により、入浴温度を高めで設定されている方が多いようです。
確かに、アトピー性皮膚炎でない方の場合、少し高めの温度であっても、体に負荷のかからない入浴時間であれば、大きな影響を受けることはないでしょう。
しかし、アトピー性皮膚炎の方の場合、その高めの入浴温度は乾燥を招き、バリア機能を低下させることでアトピー性皮膚炎を悪化させる大きな要因となります。

入浴をアトピー性皮膚炎にとってプラスのケアとして実践するためのキーポイントの一つが入浴温度にあること、そして寒い時期、入浴温度が自然と上がることで症状の悪化につながるケースがあることにご注意いただきたいと思います。

真冬の時期、適切な乾燥対策を行っていくようにしましょう。

                            
おまけ★★★★南のつぶやき

乾燥が進んでお肌の状態が悪化したり、気になることは多いかと思います。
お気軽にアトピー相談室までご相談くださいね。

●アトピー相談室 0120-866-933(受付10時~19時)