2020年冬号のあとぴナビ、特集記事より(2)

編集の北です。

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は、昨日の続きです。
        
         
●あとぴナビ・サイエンス
前向きな気持ちがアトピーを改善する
          
2020年6月、欧州アレルギー学会誌『Allergy』に、アトピー性皮膚炎に関連するとても興味深い研究論文※が発表されました。研究論文のプレスリリースには、「前向きな気持ちはアレルギーを改善させる」というタイトルがつけられています。前向きになるとアトピーは改善されるのでしょうか? 研究チームの中尾先生に話を聞きました。
          
監修:山梨大学医学部免疫学講座教授
中尾篤人 Atsuhito Nakao
         
        
▼脳内化学物質が感情をつくり出す
            
ここまでの話で、私たちの感情が脳のどのあたりで生まれるのかが大体わかってきたと思います。それは脳幹周辺の大脳辺縁系。つまり、脳の進化という観点からみると古い層にあたります。先ほど、このあたりに「感情を司る神経細胞(ニューロン)が集まっている」と述べましたが、これらの神経細胞は様々な神経伝達物質を分泌し、感情に関係した神経回路が張り巡らされています。
 たとえば、脳幹上部にある中脳(ちゅうのう)には腹側被(ふくそくひ)蓋(がい)野(や)(VTA:ventral tegmental area)と呼ばれる部分があり、そこからドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が分泌されます。ドーパミンは大脳辺縁系の側坐核(そくざかく)や偏(へん)桃体(とうたい)などから形成される神経回路の信号となり、報酬や快楽と関係の深い感情をもたらします。単純な例をあげれば、美味しいものを食べたときにドーパミンが分泌され、側坐核を活性化して喜びの感情が生み出され、もっと食べたいという欲求が生まれます。
このようにドーパミンは「報酬系」と呼ばれる神経回路をつくり、喜びや楽しみなどポジティブな感情を生み出しやすい神経伝達物質です。神経伝達物質と呼ばれる脳内の化学物質は、ドーパミンのほかにもノルアドレナリン、セロトニン、エンドルフィン、オキシトシンなど様々なものが存在します。これらが様々な神経回路に影響を与え、喜怒哀楽といった複雑な感情に関与しているとことがわかっています。
        
▼ポジティブ思考が症状を緩和する?
         
前向きな行動やポジティブな思考は、アレルギー反応にどんな作用をもたらすのでしょうか? 冒頭でプラセボ効果の説明をしましたが、新しい薬への期待感だけで症状が改善する場合、そこにはどのようなメカニズムが存在するのでしょうか? 山梨大学医学部免疫学講座の中尾教授らは、「前向きな感情を司るドーパミン報酬系を活性化することで、アレルギー反応を抑えられるかもしれない」と考え、マウスによる実験を行いました。
マウスの脳においても、ドーパミンは腹側被蓋野(以下VTA)から分泌されます。つまり人間の脳にあるドーパミン報酬系と、同じ神経回路が存在すると考えられます。したがって、マウスの脳のドーパミン報酬系を活性化させた際のアレルギー反応を調べれば、前向きな感情がアレルギー症状に影響をおよぼしているかどうかがわかるかもしれません。
          
▼感情とアレルギーの関係を知るための実験
            
そこで研究チームは3つの実験を行いました。これらの実験は、どれもマウスのVTAからドーパミンを分泌させて、神経回路を活性化しようとするものです。実験方法に3つのバリエーションを持たせてすべて同様な結果が出れば、この研究のエビデンスはより確実なものになります。これらの実験結果について、順番に説明していきましょう。
    
       
今日もここまでです。
明日は、実験の内容について説明しましょう。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

皮膚の痒みとは、皮膚で感じられるわけじゃが、実際には「脳で認識した」結果、痒みを知覚することになる。
そうなると、同じ脳内の活動が、病気により引き起こされる症状に対して、影響を与えても不思議ではないのじゃろう。