冬のアトピーケア講座・保湿、保護(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                 
今日は、昨日の続きです。
      
    
▼保湿に求められるもう一つの役割が「保護」
         
これまで述べたように、アトピー性皮膚炎の方が必要とする「保湿」は「保水」とセットになってバリア機能を高めることです。
ただ、アトピー性皮膚炎の方のバリア機能は、症状が悪化した状態では、かなり低下した状態にあり、そもそも水分蒸散を防ぐための「能力」がいくつも欠損した状態にあります。
また、バリア機能が低下した状態では、痒みに関わる炎症や神経線維の問題も常に抱えていることになりますので、そうした「皮膚が必要とする機能」を維持する役割も必要になってきます。
保湿は、「皮脂膜」の代用となるよう「皮膜」を形成できる成分で行われることが望ましく、基本的にはオイル系のアイテムでカバーするイメージです。
この皮膚を「カバー」することは、角質層からの水分蒸散量を抑えるとともに、ダメージを受けた肌が外部から異物の侵入を防いだり、刺激を緩和させることにも同時につながります。
これが「保護」になります。
         
アトピー性皮膚炎の方に求められるスキンケアは、「保水」「保湿」「保護」の3つですが、保水と保湿が角質層の水分蒸散を維持するための目的、そして保湿と保護が炎症や痒みの原因となる外部からの異物や刺激から肌を守る目的を、それぞれの働きを組み合わせながら果たしています。
したがって、「保護」のケアとは単独のケアで考えるよりも「保湿」のケアの強化版といったイメージの方が良いでしょう。

「保水・保湿」がアトピー性皮膚炎という病気そのものの「原因」に関わるとするならば、この「保湿・保護」のケアは、アトピー性皮膚炎の症状の「原因」に関わる因子になります。
したがって、アトピー性皮膚炎のケアの基本は、まず「保水・保湿」により角質層の水分を保持することで、アトピー性皮膚炎の病気の原因のケアを行いながら、同時にアトピー性皮膚炎の症状につながる「保湿・保護」のケアを、その時々の肌状態、季節要因などを加味しながら適切に行っていく、ということになります。
         
逆にいえば、「誤ったケア」もそこから見えてきます。
       
・お肌に浸みるのでローションやジェルは使わず、オイル系アイテムのケアだけ行う
・薬を使って「保湿・保護」のケアは行うが、「保水・保湿」のケアは行わない
・年中、同じケアを行っている
・お肌のケアだけに目を向け、生活面(睡眠、食事、運動、入浴、ストレスなど)の改善を行わない
    
などが挙げられます。
自分の肌状態に求められているのはどういったケアなのかを考えることは大切でしょう。
       
      
以上、保湿と保護のケアについて述べました。
何度も繰り返しになりますが、一言で「アトピーのためのスキンケア」といっても、その目的は、アトピー性皮膚炎の原因に対して行っているのか、症状に対して行っているのか、という違いがあり、自分に「不足している」あるいは「今の肌状態で必要としている」ケアを上手に組み合わせて行うことが大切です。
同時に、お肌の状態は良くなるにしろ、悪くなるにしろ、その変化に合わせて「適切なケア」の内容が変化することもありますから、日々の状態を見極めて必要なケアを選択するようにしましょう。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

個々人の状態に合わせた適切なケア方法については、お気軽にアトピー相談室の方にご相談ください。

●アトピー相談室 フリーダイヤル0120-866-933(受付10時~19時)