【閑話休題】魅力が低くてもストレスはたまらない?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は、アトピーとは関係など、Webで見つけた記事を紹介するね。
          
          
●魅力度低くてもストレスはたまらない!? 働く人ストレス都道府県ランキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/92ee730a0d0892443d11239ff47509a6b16461c7
         
働く人には、少なからずストレスが生じると思われるが、それを地域別にみた場合、都道府県でストレスが強いところと、そうでないところと分かれるものだろうか? このほど、ピースマインド(東京)が企業向けに提供するストレスチェック 「職場とココロのいきいき調査」の約30万件の最新のデータをもとに調査した結果は…。
働く人のストレスに関する都道府県をランキング化したところ、心理的なストレスの状態が良いのは、トップが北海道、2位が石川県、3位が栃木県となった。この中で、3位となった栃木県は、最近、都道府県の「魅力度ランキング」で最下位に沈み、異論が噴出したばかり。だが、こちらではトップ3に入るなど、魅力があるかどうかは別として、ストレスがたまりにくいという結果になった。
身体の不調、心身の健康という項目においても、順位変動はありながらも、トップ3は変わらず。心身が健康であれば、ストレスは溜まりにくいということが、反映される結果になっている。
一方、心理的なストレスが悪い状態、この面でのワースト3は、 福島県、山梨県、 茨城県の順となった。
このランキングを受け、同社では、心理的なストレスと身体的な不調とには、強い関連性があると考えている。また、どの都道府県でも「活気がない」「いきいきする気持ちがない」などの心理的なストレスが共通していると分析。企業が「仕事の意義・働きがい」など、従業員がいきいき働ける環境を見つめ直すことで、従業員のストレス軽減に取り組んでいけるのでないかと提案している。
         
         
記事の最後に書かれている「心理的なストレスと身体的な不調とには、強い関連性がある」という部分は興味深いよね。
ストレスは、個々人でその理由が異なるから、画一的な解消を求めることは難しいけど、身体的な不調につながるようなストレスは解消できるように工夫することは大切だよね。

                      
おまけ★★★★大田のつぶやき

心因的な影響が、お肌の状態に現れやすいことは、アトピー性皮膚炎の方なら、多くの方が経験しているのではないでしょうか?
同じストレスを受ける環境でも、受ける人によってその影響が異なるのがストレスの特徴ですが、できる限り、影響が少なくなるようにしたいですね。