【閑話休題】欧州では感染抑制は困難?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日も新型コロナウイルスの話題を二つ紹介するね。
        
        
●WHO「欧州の感染抑制は困難」認識示す(日本テレビ)
https://www.news24.jp/articles/2020/10/27/10749065.html
      
WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルス感染の第2波が深刻なヨーロッパについて、全国的な外出制限はまだ必要ないものの、感染を抑制することは難しいとの認識を示しました。
WHOの担当者は26日、ヨーロッパについて、感染の発生や対策が必要な場所を特定すれば、各国で全国的な外出制限はまだ必要ないとの考えを示しました。
一方で、ヨーロッパが世界全体の新規感染者の半数近くを占め、「流行の中心になっている」とした上で、感染を抑制することは難しいとの認識を示しました。
         
         
●米国の研究者らがこの冬に新型コロナウイルスの感染状況が深刻化すると警告した。ネイチャー誌が報じた。
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202010277884571/
        
専門家らによれば、新たな感染拡大はいくつかの要因から発生するという。まず第1に、追加的なリスクは、寒い季節に人々が喚起の悪い室内で頻繁に交流するようになることで発生する。
別の要因としては、冷たく乾燥した空気が上げられ、また、太陽光が差す時間が少なくなることで新型コロナウイルスが拡散する好条件が作られる。
カリフォルニア州のスタンフォード大学の微生物学者であるデビット・レールマン氏は、「このウイルスの最盛期が訪れる。はじめて私たちに目が覚めるような深刻な時期が到来することになる」と強調した。
研究者らは、冬に新たな感染拡大のリスクを下げるため、より厳しい規制措置が取られる可能性があると予想する。
             
          
日本では幸いにも、急激な増加とはなっていないけど、Go Toキャンペーンが実施されている中、今後の増加状況はかなり懸念されているみたい。
特に、新型コロナウイルスは、気温が高い夏は生存期間が短いけど(35度の気温で1日程度)、気温が低い冬は生存期間が長くなるから(10度の気温で14日程度)、欧米のような状況に陥ることには注意が必要かもね。

                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

経済の活動の優先を望む声は、世界各国で高まっている状況ですが、今年の3月前後よりも感染者数が大幅に増加する状況に陥ると、医療リソースの負荷は急激に高まります。
日本では死亡率は高くなく抑えられていますが、アメリカでは現在も2~3%前後で推移している状況です(感染者数800万人、死者数20万人)。
外国からの往来も自由になり、欧米型の新型コロナウイルスが国内で拡散した場合のリスクを危険視する声も多く、感染対策は、これからが本番であることを忘れないようにしましょう。