新型コロナウイルスが免疫を妨害?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、新型コロナウイルスの研究記事を一つ紹介しましょう。
       
       
●新型コロナのたんぱく質が免疫を妨害? 東大医科研発表
https://www.asahi.com/articles/ASN9X6KN3N97ULBJ00Z.html
         
新型コロナウイルスのたんぱく質には、免疫の仕組みに重要な「インターフェロン」がつくり出されるのを妨げる作用があることを、東京大医科学研究所の佐藤佳准教授らのグループが発見した。新型コロナ感染症の重症化に関係している可能性があるという。
インターフェロンは、細胞内でウイルスが増えるのを抑えたり、近くの細胞の抵抗性を高めたりする。新型コロナの患者らを調べた海外の研究によると、重症患者では体内でつくられるインターフェロンの量が少なく、重症化との関係が指摘されてきた。
佐藤准教授らは、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスでインターフェロンがつくられるのを抑える機能が知られるたんぱく質「ORF3b」に着目。このたんぱく質の遺伝子の長さが、新型コロナではSARSウイルスに比べて短いことを発見。たんぱく質の細胞内での働きを調べると、SARSウイルスに比べ新型コロナでは、よりインターフェロンがつくり出されにくいことが分かった。遺伝子の長さが短くなることで、細胞内でインターフェロンをつくるスイッチを入れる物質を妨害していることも明らかにした。
      
(以下、省略)
         
       
記事にあるように、新型コロナウイルスは、免疫を抑制させるような作用を持っているようです。
今回の研究にある「インターフェロン」の視点で考えると、お年寄りが若者よりも重症化しやすい理由などが分かるのかもしれません。
今後の研究に注目したいと思います。

                      
おまけ★★★★博士のつぶやき

今年の冬は、新型コロナウイルスと同時に、インフルエンザの流行も心配されておるようじゃの。
免疫の仕組みから、リスクを少しでも軽減できるようになれば良いのじゃがな。