【閑話休題】ヒトの時間とネズミの時間

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、アトピー性皮膚炎と直接、関係ないけど、面白い記事を見つけたので紹介するね。
         
         
●ヒトの時間ネズミの時間
https://www.riken.jp/press/2020/20200918_1/index.html
          
理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター再構成生物学研究ユニットの戎家美紀ユニットリーダー(研究当時、現欧州分子生物学研究所(EMBL) Barcelonaグループリーダー)、松田充弘研究員(研究当時、現EMBL Barcelona研究員)、ポンペウ・ファブラ大学のジョルディ・ガルシア教授、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の影山龍一郎教授、京都大学iPS細胞研究所のジャンタシュ・アレヴ助教(研究当時、現京都大学高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)准教授)、戸口田淳也教授、池谷真准教授らの国際共同研究グループは、ヒトの発生時間がマウスよりも遅いのは、遺伝子発現やタンパク質分解などの速度が、ヒトではマウスに比べて遅いことに起因することを発見しました。
本研究成果は、「ヒトとマウスの時間の違いがどのように生じるのか」という生物学上の根本的な問いを解き明かしたものです。
脊椎動物の発生期における重要イベントである「体節時計[1]」は、遺伝子発現の振動現象であり、規則的な体節形成の中心原理です。
今回、国際共同研究グループは、培養皿上で多能性幹細胞[2]から体節時計を再現し、マウスとヒトの体節時計周期の時間スケールが異なる理由を調べました。体節時計の中心となる遺伝子をヒトとマウスで入れ替えた細胞を作製したところ、マウスの遺伝子を持ったヒト細胞はヒトの時間(5時間周期)、ヒトの遺伝子を持ったマウス細胞はマウスの時間(2時間周期)を示しました。またこの違いは、タンパク質の分解速度や遺伝子発現の遅れなどの生化学反応が、ヒトの細胞ではマウスよりも2倍から3倍程度遅いために生じることが分かりました。すなわち、ヒトとマウスの時間の違いは体節時計遺伝子の違いではなく、細胞内環境の違いにより生じることが明らかになりました。
本研究は、科学雑誌『Science』(9月18日号)の掲載に先立ち、オンライン版(9月17日付:日本時間9月18日)に掲載されます。
        
(以下、省略)
         
      
記事の全文は長いので、リンク先で見てね。
ヒトとネズミで、「時間」が異なる、というのは面白いよね。
例えば、かき傷ができて修復されるまでの「時間」も、ヒトとネズミでは異なる、ということになると思うんだ。
もしかすると、炎症が生じる仕組みの中で、その発生の「時間」も異なるのかもしれないね。

                                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

掻き傷が修復される時間がもしヒトとネズミで異なる場合、今は、いろいろな薬剤がネズミで臨床されることが多いのですが、その効果は、本当は違ってくるのかもしれませんね。