日本人にコロナ死者数が少ないファクターとは(2)

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                        
今日は、昨日の続きです。
新たなファクターについて紹介します。
         
         
●日本のコロナ死亡者数はなぜ少ない? BCGに続く「ファクターX」もう一つの有力候補
https://news.yahoo.co.jp/articles/26eb3f7720baa84ba08e3786859ed9f79de35c80?page=1
                   
      
▼もう一つの有力候補「ワルファリン感受性」
        
もう一つ、大隅教授が興味を持つファクターXの有力候補に、「ワルファリン感受性」がある。ワルファリンとは血液を固まりにくくする作用を持つ薬で、世界的に使用されている。
しかしこのワルファリン、国や地域によって効果の出方に差があることが以前から指摘されてきた。大雑把に言えば、アジア系の人には効きやすく、アフリカ系の人は効きにくい。同じアジアでも日本を含む東アジア系は最も効きやすく、南・中央アジアの人には効きにくい。ヨーロッパの人の効き方は、東アジアとアフリカの中間くらい――とされている。
この傾向が、新型コロナの重症化率の傾向と重なるのだ。
ワルファリンの効き方は、遺伝子によって左右される。つまり、ワルファリンが効く遺伝子と効きにくい遺伝子があり、これが新型コロナの重症化に何らかの関与をしている可能性が浮上してくるのだ。
大隅教授は「大胆な推測」としてこう述べる。
「ワルファリンが効きやすい遺伝子のタイプの人は、ワルファリン服用の有無にかかわらず、血栓ができにくい体質を持っており、このことが新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことに繋がっているのかもしれない」
「ファクターX探し」は世界中の研究者が取り組んでいるが、現状では「相関関係」であって「因果関係」までは到達していない。最近では「結局のところ、最大のファクターXはマスク着用率の差なのでは?」という意見も増えてきた。しかし、大隅教授は「生物学的要因」の追及をあきらめない。生物学的なファクターXが明らかになれば、予防法や治療法の開発に役立つことは明らかだからだ。
      
▼ファクターXの存在が免罪符にはならない
        
しかし大隅教授はこうも言う。
「BCGやワルファリン感受性がファクターXだったとしても、それは免罪符にはならない」
国や地域、人種などという大きな括りでの特徴はあるにせよ、感染するか、重症化するかは人それぞれ。最終的には、一人ひとりが感染しないように注意することに勝る取り組みはないのだ。
公衆衛生の学者は「木を見ずに森を見る」ことが仕事だが、森を構成する木、つまり、社会を構成する人間は、たとえ周囲の人たちは元気でも、自分が感染してしまったのでは意味がない。その意識を確かに持った上での知的好奇心として、ファクターX探しに注目すべきだろう。
なお、「文藝春秋」8月号および「文藝春秋digital」掲載の「 ファクターXを追え! 日本のコロナ死亡率はなぜ低い 」では、BCGワクチンの“株”による効果の違いや、かつて東北大学が行った介護施設におけるBCG接種と肺炎発症率の関係など、大隅教授が論拠とする調査や研究の詳細も紹介されている。
             
             
ワルファリンの感受性は興味深いところです。
全般的に欧米人よりもアジア人の方が、死者の割合が少ないことは、これまで言われてきており、BCGだけでは説明できなかった疫学的な共通因子が、このワルファリンの感受性ということでしょう。
血管の障害が重症化の症状として取り上げられていますので、あながち無茶な推測とも言えないと思います。

ただ、こうした要因は、感染予防には直接関係してきませんので、油断せずに、人との接触を避ける、という感染症を防ぐ対策の基本は忘れないようにしましょう。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

今回の推測は、原則として、現在のウイルスに対するものじゃ。
弱毒化に変異している、という報告もあるようじゃが、逆に強毒化することも可能性もある。
そうなった場合、今回のBCGやワルファリン感受性の特性が、同じように「通用」するとは限らん。
いずれにしても、感染しないための対策はしっかり行って欲しいの。