夏のアトピー、洗浄ケアとは?(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                 
7月に入りました。
梅雨明けは、まだのようですが、気温が上がり、湿度も高く、お肌に汗が溜まりやすい人も多いのではないでしょうか?

夏のアトピー性皮膚炎の肌状態は、ジュクジュクする方が多いのが特徴です。
ここ数年の猛暑が続く夏は、エアコン下で過ごす時間が増えてきます。
今年の夏も、気温が高くなる予報が出ていて、夜も気温が下がりにくくなると思われます。
熱帯夜になると、日中からほぼ1日中、エアコンの中で過ごす方も多くなるでしょう。
特に、今年は、新型コロナウイルスの影響を受け、外出自粛の傾向から、家にこもる傾向も見られます。

通常なら、気温が高い時期のスキンケアは、汗の対策、紫外線の対策を中心に行うのですが、気温が上がり過ぎた場合には、それらに加えて生活環境内における(エアコンの使用時間が長いことで)「夏の乾燥対策」のケアも必要になります。

いつもの夏ならば、汗は、皮脂と乳化した皮脂膜が自分の力で行う「スキンケア」の役割を果たしてくれます。
皮脂膜がしっかり形成されれば、角質層の水分蒸散を抑える力も十分に働いてくれます。
そのような状態であれば、夏の通常のスキンケアは、ローションなど水分系のさっぱりしたタイプのものが好まれていました。

しかし、エアコン下の生活が長くなると、

1.汗をかく時間が減ることで皮脂膜の形成が弱くなる
2.エアコンによる大気の乾燥が角質層の水分蒸散量を高めることで、オイル系の「保湿」ケアをしっかり行う必要が出てくる。

という状況になります。

皮膚に塗布したオイルは、紫外線が強い季節でもあるため、酸化するまでの時間も早くなります。
そのままオイルを塗布した状態で放置すれば、酸化したオイルの影響で皮膚が炎症を起こしやすくなります。
また、そこに汗の炎症が絡むと、ジュクジュクした体液を伴う炎症の状態を招くこともあります。

また、夏は、衣類も露出部位が多くなりますが、外気と直接触れる肌の面積が増えることは、大気中の異物の肌への付着も多くなります。
夏の時期、偏西風による黄砂やPM2.5などの影響がまだ残っていますので、皮膚への異物の付着への対策も必要になってきます。
このように、夏の肌ケアは、皮膚への刺激を減らす=異物を減らす、ということを目的とした「洗浄」のケアが大切になってきます。
では、お肌の洗浄の際、どういったことに気をつければよいでしょうか?
続きは明日にしたいと思います。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

今年は例年よりも、「生活様式」に変化が求められています。
新型コロナウイルスによるエアコン下でのエアロゾル感染は、夏の間は気にした方がよい要因の一つと言えるでしょう。
状況に合わせて、適切に変化させられるように注意しましょう。