【閑話休題】自粛生活と頭皮への影響

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

                     
今日は自粛生活が頭皮に影響する、という記事を見つけたので紹介するね。
          
          
●自粛生活が頭皮に悪影響し、コロナ抜け毛に…専門家が教える予防シャンプー法
https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2020052600064.html
        
全国的に緊急事態宣言が解除されたが、これまでの自粛生活による影響が、思わぬ部分に表れているようだ。“抜け毛”という形で。テレワークなどで、今後も在宅が続く人は要注意だ。
「最近、髪の毛が抜けて仕方がありません。人前に出る仕事なので、なんとかして!」
頭皮ケアを専門とするサロン「OHBA」(本社・千代田区)が、5月7日から実施している“コロナ抜け毛”の無料電話相談に届いた声だ。
悲痛な思いを訴えてきたのは40代後半の女性。会社がテレワークとなった2月以降、抜け毛が気になり始めるようになった。日々、抜け落ちる髪を見て、居ても経ってもいられず、電話をかけてきたという。
もしかしたら自分もそうかもしれない、という方もいるのではないだろうか? そんな人のために、まずはコロナ抜け毛のチェックから。以下の10項目のうち、該当する内容がどれくらいあるか確認してほしい。
         
<コロナ抜け毛チェック>
□パソコンやスマホの使用時間が増えた
□体を動かす時間が減った
□食事の回数が減った。または食べる量が減った
□寝る時間が遅くなった。熟睡できなくなった
□肩や首がこり、目が疲れやすくなった
□ストレスや不安を以前より感じるようになった
□頭を洗わない日がある
□3月以降、抜け毛が増えた気がする
□1日に100本以上抜ける
□抜け毛の長さは、生えている髪の長さより短い
          
「『はい』が6個以上あったら、コロナ抜け毛の可能性があります」
こう話すのは、同サロンのスカルプディレクター、古中美どりさん。20年にわたって3万人超の髪の悩みの相談を受けてきた。
古中さんが、コロナ禍と呼ばれる状況のなかで、抜け毛が増えてきたという現象を意識し始めたのは、4月上旬のことだった。
「サロンの常連の方から、『いつもと同じケアをしているのに、抜け毛が増えている』という問い合わせが相次ぎました。それで同じようなお悩みを持つ方がいるのではと、無料相談を始めたのです」
反響は予想以上だった。無料相談は予約制で1日2件に限定しているが、枠はほぼいっぱい。10?50代まで男女問わず申し込みがあるという。
ところで、なぜ自粛生活が髪に影響を与えるのだろうか。これについて、古中さんは二つの理由を挙げる。一つは“一日中座りっぱなしの生活”、もう一つは“自粛ストレス”だ。
「いずれの理由にも共通するのが、血流の低下。頭部は心臓から離れた場所にあるので、全身の血流が悪くなると、髪もその影響を受けやすいのです。血流が悪くなると手足など末端が冷えますが、それと同じ現象です」(古中さん)
頭頂部への血流が滞ると、髪の根元にある毛母細胞に栄養が届きにくくなる。そのため髪が十分に成長できず、伸びる途中で抜けてしまうというのだ。そのため、コロナ抜け毛では頭頂部の髪が抜け、薄くなっていくことが多い。
「そしてもう一つ、無料相談で分かったコロナ抜け毛の意外な理由は、“髪を洗わなくなった”ということなんです」(同)
通勤していたときは屋外に出るため、髪にホコリが付き、頭皮は汗をかく。そのため髪を毎日洗っていた人のなかに、テレワークで自宅にいると髪が汚れないからと、髪を洗う回数を減らしている人が出てきているようなのだ。
古中さんが指摘する。
「シャンプーには髪や頭皮を清潔にするだけでなく、指で触れることで頭皮の血流をよくするという効果もあります。その機会が減れば血流が悪くなり、やはり毛母細胞に栄養が行き渡りにくくなります」
自粛生活が終わり、通常の生活に戻れば、抜け毛は自然と減る。だが、またいつ自粛が要請されるとも限らない。そうなると、コロナ抜け毛のリスクはつきまとう。
        
        
(以下、省略)
        
          
記事を読むと、いろいろな理由が考えられるみたいだね。
血流が悪くなることも一つの原因みたいだから、これらか暑くなっても、入浴ではしっかりつかるようにした方がよいかもね。

                      
おまけ★★★★南のつぶやき

頭皮も皮膚の一部ですので、そのお手入れはお肌のケアと同じように必要です。
洗浄とアフターケアは適切に行うようにしましょうね。