アトピーの原因の移り変わりとは?(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                
今日は昨日の続きです。

アトピー性皮膚炎の原因は、アレルギーと皮膚のバリア機能の異常にあること、そして増加していると言われるアトピー性皮膚炎は、後者が原因のことが多いことを昨日は述べました。
今日は、こうしたアトピー性皮膚炎の原因の違いが、その治療法にどのように影響を与えているのかを考えてみましょう。

まず、基本的に「病気」を治癒させる上の原則は、「病気を治す」ことにあります。
もちろん、病気により生じた症状を治癒させる過程の中で、自然と病気も治癒していくことはあります。
しかし、積極的に取り入れた症状(痒み、炎症)に対する治療法が効いたのは、あくまで症状に対してであり、アトピー性皮膚炎の「原因」そのものへの直接のアプローチを行ったわけではありません。
細かく考えるならば、症状を抑える=掻かない、ということになりますから、皮膚のバリア機能の低下を間接的に抑えることにつながることで、病気の治癒に役立った、ということはあります。
しかし、それは、誰しもに共通して得られる効果、ということではなく、他の要因の影響を受けながら、「一部」の人に得られる効果である、と言えるでしょう。

今も昔も、アトピー性皮膚炎の治療の中心は、「ステロイド剤」、最近は「プロトピック軟膏」なども用いられますが、いずれにしても「免疫を抑制する薬剤」での治療が行われています。
免疫を抑制することで得られるのは、炎症反応の抑制=アレルギー反応の抑制、です。
それらの免疫を抑制することで得られる「不利益」(副作用)は、いろいろありますが、アトピー性皮膚炎に対するリスク、とういう面でいえば、「免疫抑制により、皮膚の細菌叢を乱すことで、バリア機能を低下させる」という点にあるでしょう。
強いステロイド剤は、内分泌への影響をもたらすこともありますが、一般的に使用されている外用のステロイド剤の場合、けい皮吸収により、内分泌に強い影響を与えることはありません。
薬剤そのものの副作用としてはあり得るのですが、実際にその影響を受ける方は、ごくわずかの人と言ってよいでしょう。

それよりも、ステロイド剤やプロトピック軟膏など、免疫を抑制する薬剤の問題点は、アトピー性皮膚炎の「病気の原因」の一つと言える、皮膚の細菌叢の乱れを「促進させる」恐れがある、という部分でしょう。
多くのアトピー性皮膚炎の発症直後は、軽症の状態です。
そして、多くのアトピー性皮膚炎患者は、薬剤の使用により短期間で治癒に至ります。
一部の患者が、細菌叢の乱れから、慢性的な悪循環の連鎖を生み、薬剤の連用による症状悪化につながっているのです。

病気の原因は、アトピー性皮膚炎の場合、治療法を選択、あるいは「継続」を考えていく上で、原因の解決につながっている「現在進行形」なのかは、しっかり考えていくことは大切なのかもしれません。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

病気の治療と症状の治療は、表裏一体となっておることは多い。
問題は、その治療を「続ける」ことで受ける影響が、短期の場合と大きく異なることがある、ということじゃ。
ステロイド剤やプロトピック軟膏の場合、薬剤が持つ性質上、その長期使用による影響は、問題になることを忘れないようにした方がよいじゃろうの。