2020年、明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
皆様にとって、今年一年が良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

2020年が始まりました。
元号も平成から令和にかわり、また今年は東京でオリンピックが開催されるなど、今年も社会の環境は忙しく変わっていくものと思われます。
アトピー性皮膚炎を取り巻く最近の状況については、昨年末のメルマガにて記したとおりですが、これまでとは違ったアトピー性皮膚炎に対して原因からアプローチするための研究は進んでいくものと思われます。

ここ数年の傾向から考えると、アトピー性皮膚炎の方が気をつけたいもっとも大きな要因は、気象など社会的な環境要因というところでしょう。
皮膚は直接外気に触れる「臓器」であり、気象状況には敏感に反応します。
特に、今のアトピー性皮膚炎が皮膚のバリア機能の低下が大きく関わっていることが分かっており、一つのキーワードは「皮膚の細菌叢」でしょう。

皮膚は、腸内と同じく常在菌が埋めつくすことで「健康」を保っています。
腸内でいうところの「悪玉菌」が皮膚でも増えると、それは皮膚の健康を害することになります。
今の私たちの生活環境は、エアコンなどにより年中快適に暮らせるようになった半面、皮膚にとっては、常に水分を奪われる「過酷な状況」の中で過ごしています。
そういった中で、いかに皮膚の健康を保つのか、また健康を害した皮膚をいかに健全な状態に戻していくのかは、この皮膚の細菌叢が重要な課題となってくるでしょう。

また、あとぴナビでは、今年も、睡眠、運動、住環境をはじめとする生活面や、ストレスや家族関係などの気持ちの問題など、アトピー性皮膚炎に関わるさまざまな情報を
発信してまいりたいと思います。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

              

あとぴナビ スタッフ一同