冬の誤ったアトピーケアに気をつけましょう(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は昨日の続きで、冬の誤ったアトピーケアで「入浴」の部分を考えたいと思います。
          
          
●冬の誤ったアトピーケア 「入浴」
            
寒い時期は、入浴が心地よく感じやすい時期です。
しかし、入浴は、アトピー性皮膚炎の方にとって、大きなメリットを生むこともありますが、入浴の方法を誤るとデメリットにつながる「諸刃の剣」でもあります。
もっとも頻繁に目にする誤った入浴方法として注意が必要なのは「入浴温度」です。
入浴がアトピー性皮膚炎に対して効果をもたらすのは、「ジワッとした汗をかくことによるスキンケア」と「冷えの解消」の二つの面です。
ジワッとした汗は汗腺から放出される際、汗腺の中にある皮脂腺から皮脂を分泌させます。そして汗が皮脂と乳化することで、皮脂膜を形成します。これが自分の力で行う「スキンケア」です。それに対して、運動したあとなど、体温を気化熱により下げるためにかく急激な汗は、皮脂をあまり伴わず、スキンケアには役立ちません。汗がスキンケアとして役に立つためには、じっくりかくことがポイントになります。
入浴温度が低ければ、この「ジワッとした汗」につなげることができますが、入浴温度が高いと、体温を下げるための「急激な汗」につながり、角質層からの水分蒸散を伴うことで肌は「乾燥」に向かいます。
そしてもう一つが冷えの解消です。
体温は、内臓や筋肉、骨などで作られ、血液によって運ばれます。「冷え」というと「手足が冷たい」状態をイメージする方が多いようですが、この手足が冷たい状態は「冷え」の結果によるもので、原因は、熱を運ぶための血流が悪い状態にあります。つまり、冷えの状態とは、「血流が悪い状態」を指している、ということです。
ヒトの体温は、表面温度で36度前後、深部温度で37~38度と言われています。40度以上で入浴を行うと、40度の熱が皮膚の表面から血液循環により深部に運ばれますが、体の深部が40度以上を継続すると、内臓機能に大きな支障が出るため、体は、辛く感じさせたりすることで入浴を終わらせるように促します。同時に、体内に向かう血流を悪くして、少しでも熱の伝達が遅くなるように働きます。それに対して、皮膚表面は、早く体温を下げるために、血液が集まり赤くなって、急激な汗をかこうとします。
つまり、40度以上の温度で「長時間」入浴することは、体にとって、「冷えの状態」と「肌の乾燥」の2つのマイナス面を生じさせることになるのです。

・39度以下での入浴
→ジワッとした汗をかくことで、スキンケアを行う訓練になる
→血流を良くして冷えの解消につながる

・40度以上での入浴
→急激な汗をかくことで、肌を乾燥させる
→深部に高い温度を伝えないよう、内部の血流が悪くなる

寒くなる時期、どうしても早く「温まる」ことを意識して、入浴温度が高めになる傾向があります。
「正しい入浴」は、アトピー性皮膚炎に対して大きなプラスを生みますが、「正しくない入浴」は、逆にマイナスにつながること、そしてその基準となるのが「入浴温度」であることを忘れないようにしましょう。

                     
おまけ★★★★大田のつぶやき

入浴での「高温」でのマイナス点は、何度もブログで紹介していますし、あとぴナビでも説明しています。
しかし、それでも「高温」での入浴による悪化でのご相談が多い状況です。
アトピー性皮膚炎に対する「入浴」を攻めのケアとして利用する場合、温度による肌の変化はしっかり理解して取り組むようにしましょう。