【閑話休題】インフルエンザの流行が始まった?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
秋が始まって、冬に向かい空気の乾燥が気になる季節を迎えたけど、気になる記事があったので紹介するね。
               
            
●インフルエンザ流行始まる 都内、昨年に比べ11週早く
https://mainichi.jp/articles/20190927/k00/00m/040/087000c.amp
              
京都は26日、都内で今季のインフルエンザの流行が始まったと発表した。昨年に比べて11週早い。例年は流行開始から5~10週で患者数がピークに達しており、都は注意を呼びかけている。
都によると、都内419カ所の定点医療機関から報告された16~22日の患者数が、1カ所当たり1・06人となり、流行開始の目安(1・0人)を超えた。
今季(9月2日以降)に入って、都内でインフルエンザによる幼稚園や小中高校の臨時休業は34校園に上り、前年同時期の8校園から大幅に増加している。
都は、こまめな手洗いや、せきやくしゃみの症状がある場合はマスクを着けるなどの予防策を示している。
         
       
インフルエンザの流行は、主に冬だけど、冬に流行しやすい理由は「乾燥(喉の粘膜の乾燥)」が一つの原因として考えられているみたい。
ということは、日中はまだ暑い日がある、と考えていても、実際にはお肌の乾燥も少しずつ進んでいた、ということもあるんじゃないかな。
早めに乾燥対策は行うようにしようね。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

最近は、乾燥から生じていると思われる悪化のご相談も増えています。
本当は、秋はアトピー性皮膚炎の方にとって、比較的、過ごしやすい季節のはずですが、早めの乾燥に気がつかずに、状態を落とすと、本格的な冬を迎えた時、かなり辛い肌状態になることもあります。
お肌にダメージが出る前に、対策を行うようにしましょう。