食べてお肌の乾燥を治す?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
日中も涼しくなってきました。
気温の低下とともに気になるのは大気の乾燥状態です。
今日は、お肌の乾燥の記事を紹介しましょう。
          
          
●秋に向けて乾燥対策!体の中から乾燥対策!体を潤す食材とは?
https://godmake.me/press/archives/200225
         
夏が過ぎ、乾燥が気になる季節になってきますよね。スキンケアはもちろん、食事で体の内側から体を潤す方法についてご紹介します。
         
▼肌の角質層には、水分を保つ3つの組織がある
         
1.皮脂膜:毛穴から分泌される皮脂で、肌表面から水分が蒸発するのを防ぎます
2.NMF(天然保湿因子):肌の柔軟性と弾力性を保つはたらきがあります
3.セラミド(細胞間脂質):肌細胞の隙間をうめる役割があり、水分の蒸発を防ぎます
          
この3つの組織も、紫外線や刺激によって古くなり、新しい組織に生まれ変わる必要があります。「ターンオーバー」と呼ばれます。
しかし、何らかの原因でターンオーバーが機能しづらくなると、肌の機能が正常にはたらかず、保湿されないため乾燥してしまいます。
肌の乾燥を防ぐためには、肌のターンオーバーが重要なのですね!後ほど、新しい細胞をつくるために必要な栄養素についてもご紹介します。
        
▼乾燥対策のキーワードは「肺」!?
        
中医学の考え方ですが、心・肝・肺・脾・腎のうち、乾燥の影響を受けやすいのは肺です。肺は、呼吸に関する器官ですが、体温調節や皮膚の状態、体内の水分にも深く関わっています。
肺から空気を取り込み、全身に送るため、病原菌などを取り込まないよう、体にはさまざまなバリア機能があります。
しかし、肺は冷たい空気や乾燥に弱いため、免疫力が落ちていたりすると病原菌が体内に侵入してしまいます。皮膚は「第3の肺」ともいわれているため、体表面のバリア機能にも不調があらわれます。
また、肺は水分の調整にも関わっているため、冷たい空気などで肺が乾燥し水分が不足すると、肌も乾燥してしまいます。肌だけでなく、体内の水分が不足しがちになるため便秘気味になる場合も。
          
▼体を潤すために必要な栄養素とは?
         
・たんぱく質
皮膚や筋肉、爪や髪の毛、人の体はたんぱく質でできているため、細胞をつくる原料であるたんぱく質は欠かせません。
        
・亜鉛
亜鉛というと味覚に関わるミネラルですが、肌にも深い関わりがあります。
亜鉛は、新しい皮膚をつくるのに必要です。コラーゲンを作ったり、傷んだ細胞を再生するはたらきがあります。肌だけでなく、髪の新陳代謝を促すため、薄毛に悩む人にもおすすめです。
◎含まれている食材:牡蠣、レバー、たまご、チーズなど
         
・ビタミンA
NMFの生成を促します。皮膚や粘膜を正常に保つはたらきがあります。
◎含まれている食材:レバー、うなぎ、卵黄
      
・ビタミンE
血流を良くするため、新陳代謝を促します。肌の血流が良くなるため、顔色も良くなります。
◎含まれている食材:アーモンド、アボカド、ナッツ類
         
・オメガ3脂肪酸
肌の細胞に必要な細胞膜をつくるのに必要です。また、皮脂腺の機能を良くして、肌に潤いを与えます。不足すると、肌が乾燥し、角質層が厚くなってしまい、肌荒れを起こしやすくなります。
◎含まれている食材:サバ、いわしなど青魚、魚油
        
▼体を潤す食べ物とは?
      
「白い」食べ物は体を潤おすといわれています。
      
・梨
乾燥が気になる秋頃に旬になるため、手に入れやすいのも嬉しいですね。肺に潤いを与えるといわれています。
        
・白ごま
肺に潤いを与え、血流を良くするビタミンEも豊富です。
       
・白きくらげ
皮膚の乾燥に良いといわれていて、のどの乾きにも効果的といわれています。
       
・山芋
潤いを与え、アンチエイジングにも良いといわれています。
       
▼体を潤す飲み物とは?
       
基本的には、温かい飲み物を選択するようにしましょう。温かい飲み物は、代謝を良くするため、体のすみずみにまで栄養が行き渡ります。
また、生姜入りの飲み物も◎。生姜湯や、飲みにくい場合ははちみつを入れても良いですね。生姜には血行促進のはたらきがあるため、おすすめです。
体を温める飲み物を飲むのも良いですが、飲み方も重要です。一気に大量に飲むのではなく、こまめに1日1.5~2リットルほど水分を摂取するようにしましょう。
        
▼乾燥対策に辛いものはNG!?
         
ただ単に辛いものや、スパイスが効いたものを食べると、乾燥につながります。辛いものを食べると汗をかき、体内の水分が失われるためです。
体をあたためたい時は、生姜やネギなど、血流を改善するものを食べるようにしましょう。
          
▼偏った食生活はNG!生活習慣から乾燥対策を見直そう
         
例えば過度なダイエットで食事量が減ると、乾燥肌の原因となります。特にたんぱく質。細胞が新しく生まれ変わるためにはたんぱく質が必要ですが、不足していると肌のターンオーバーが機能しにくくなります。
「野菜だけ食べる」「炭水化物は食べない」など偏った食生活は、必要な栄養素が不足したり、その分、逆に過剰に摂取する栄養素もあります。
寒い時期に向けて、スキンケアだけでなく、体の内側から「潤い」を意識してみましょう!
            
            
ヒトの体が「作り出すモノ」は、全て作り出すための「材料」が必要です。
その材料を得るために、「食」は重要になります。
記事にあるような「皮膚の乾燥対策」に役立つ食材の摂取は、もちろん良いことだと思いますが、最終的にいえば、最後に書かれている「偏った食生活はNG!生活習慣から乾燥対策を見直そう」が基本です。
皮膚に良い「食材」だけ食べていても、当然、栄養のバランスがとれていなければ、結局はその「ツケ」が皮膚に帰ってきます。
食には気をつけたいですね。

                            
おまけ★★★★大田のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方は、アレルゲンが関係している場合、食の内容が「偏りがち」になることは良くあります。
バランスも考えた食事を摂取するようにしましょう。