アトピーの治療、ステロイド剤(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は昨日の続きで、ステロイド剤の使い方について考えたいと思います。

ステロイド剤を皮膚にリスクが少ない状態で使うためには、

                      

・皮膚のバリア機能がある程度維持されていること
・感染症に罹患していないこと
・角質層の水分保持状態が保たれていること

                             

などの条件が必要になります。
しかし、医師は皮膚の「炎症」だけを見て薬剤の処方を決めているため、薬剤によるリスクの「見積もり」が低くなることが多くなりがちです。
そして、薬剤の使用により悪化した状態についても医師は、元の疾患(アトピー性皮膚炎や感染症など)が悪化したから、薬剤の種類を強いものに変えて様子をみよう、という治療になりがちです。

ステロイド剤やプロトピック軟膏は、炎症を抑える効果が高いのは事実でしょう。
しかし、それらの薬剤は「炎症を抑えること」はできますが、「アトピー性皮膚炎を治すこと」はできません。
仮に薬剤を使用しながら治療を継続する場合でも、炎症を抑えるだけでなく、「アトピー性皮膚炎を治す」ための行動は必要です。

「アトピー性皮膚炎を治す行動」とは、スキンケアや入浴により、細菌叢を整え、バリア機能を高めるケアを行いながら、睡眠や食事、生活環境なども、バリア機能を高める状態で維持することです。
細菌叢が正常な状態になり、健全なバリア機能を維持できるようになれば、体が炎症を「必要」としなくなり、また、生活習慣、生活環境を整えることで、炎症を増強するサイトカイン(IL4など)を過剰に作り出すことも少なくなります。

ステロイド剤を処方された患者は、「ステロイド剤がアトピー性皮膚炎を治す」と思いこみがちです。医師も、本来のステロイド剤の働きは十分に知っていますから、ステロイド剤が直接アトピー性皮膚炎を治癒させることはない、と分かっていても、患者には「治る」というメッセージを発します。
もちろん、ステロイド剤治療で炎症を抑えている間に、自然とアトピー性皮膚炎が「治癒」されるケースもありますから、患者や医師がそういうイメージ(ステロイド剤でアトピーが治る)を抱くのは仕方ないことかもしれません。
しかし、ステロイド剤やプロトピック軟膏は、皮膚の細菌叢を乱すことで、アトピー性皮膚炎の悪化要因の一つになります。
安易な薬剤の使用は、メリットと同時にリスクも生じさせることがあります。
特に、長年、アトピー性皮膚炎で悩んできた方は、「アトピー性皮膚炎という病気の原因」が、自然治癒しづらいことが多く、ステロイド剤使用を長年、反復継続することで、メリットよりも、デメリットの方を受けやすくなります。

アトピー性皮膚炎を「真の意味」で治すためには、「単に痒みや炎症を治す」のではなく、「アトピー性皮膚炎という病気を治す」ことが必要になることを忘れてはなりません。
数年前から、いったん寛解状態(痒みが落ち着いた状態)になったアトピー性皮膚炎患者に、炎症を予防するため間歇でステロイド剤を使用させるプロアクティブ療法が、皮膚科医により推奨されています。
しかし、最近は、このプロアクティブ治療中に症状が悪化、医師からはアトピー性皮膚炎の炎症が再発したからより強い薬で治療(リアクティブ治療に戻す、ということ)を受けた方が良いと言われたのですが・・・、という相談を目にする機会が増えてきました。
ステロイド剤のメリットとリスクを正しく把握していれば、健常な方、軽微なアトピー性皮膚炎の方と、繰り返し症状が再燃しているアトピー性皮膚炎の方への薬剤の影響が違うことは分かっているはずです。
「プロアクティブ治療と言う名のリアクティブ治療」が平然と行われている現状は、数年後のアトピー性皮膚炎患者の状態を考えると、かなり心配です。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎の症状は治せても、アトピー性皮膚炎という病気そのものを治すことはできない、また、ステロイド剤使用による弊害(細菌叢の乱れから黄色ブドウ球菌が定着してデルタ毒素がIgEを増強したり、IL4の増加によるsIgE+B細胞の増加がIgEを増強する、など)は、バリア機能が低下した人ほど見られやすいことは忘れないようにしましょう。

                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

ステロイド剤やプロトピック軟膏を繰り返し、長年使用している方は、薬剤がアトピー性皮膚炎の悪化要因になっていないかを確認するようにしましょう。
薬剤を使用していても、なかなか皮膚の状態が安定しない、という方は、一度、アトピー相談室までご相談ください。

●アトピー相談室 0120-866-933(受付時間 10時~19時)