2019年6・7月号の記事より(6)

北です。

 

 

 

 

 

 

                     
今日も昨日の続きです。
夏場になると質問が増えるプールについて考えてみましょう。
    
      
●2019年6・7月号特集記事
ムシムシ、ジメジメの季節よくある悪化原因を以前にチェック
実例から改善策を学んでおこう。
        
▼プールは、事前のスキンケアで安心して楽しめる
プールの悪化で一番気を付けたいのは「塩素」と「感染症」です。
塩素は、皮膚のたんぱく質を分解するので、乾燥が強く、傷や炎症がある場合、よりバリア機能を低下させることになります。そうなるとより乾燥とかゆみが強くなり、掻き壊し傷も増えやすくなります。
また、細菌感染もしやすくなり、とびひなどにかかると炎症も広がりやすくなります。
でも、特に子供たちは、夏のプールは楽しみにしているので、できれば楽しませてあげたいものです。
そこで、多くの読者が実践して効果があったのが、プールに入る前に安全宣言スキンクリームを傷や炎症のある部位に塗り、事前に保護をするというケアです。強力な保護力がありますので水をはじく力も強力です。
腕や足、首などに掻き傷や炎症がある子供たちも、無事、友達とプールを楽しめたという報告を多くいいただきます。
プールによってはオイル成分を塗って入ることを禁止している場合もありますが、全身に塗るわけでもありませんし、必要であれば事前に事情を話すと理解をいただける場合がほとんどですので、アトピー性皮膚炎の方は、できれば事前の保護ケアをしてのプール利用をお勧めします。
また、利用後は必ずシャワーを浴びて、スキンケアを忘れずに行ってください。
         
    
プールの相談は、特に授業で行う小中学生を中心に、夏場の時期に増えてきます。
基本的にプールに入ることは、皮膚のバリア機能が低下した「アトピー性皮膚炎」の方の場合、皮膚の炎症を悪化させる要因となること、また感染症など新たな悪化要因の一つとなることから、対策をしっかり行ってほしいところです。
とはいえ、適度な運動、心肺機能の訓練など、メリットもありますので、適切な形をとって楽しむようにしましょう。

                       
おまけ★★★★南のつぶやき

プールでクリームをつけて入ることは、公営などの施設の場合、禁止しているところがあるようです(UVケアもNGのところ)。
利用する施設にあらかじめ確認をとると良いでしょう。