2019年6・7月号の記事より(3)

北です。

 

 

 

 

 

 

 

                 
今日も昨日の続きです。シャワーの部分を考えてみましょう。
    
      
●2019年6・7月号特集記事
ムシムシ、ジメジメの季節よくある悪化原因を以前にチェック
実例から改善策を学んでおこう。
             
▼入浴がシャワーだけは要注意、浴びる時間が長いは危険
適切な入浴は、アトピー性皮膚炎にも関係の深い自律神経を整え、血流や新陳代謝を促進する、皮膚のバリア機能を高めるなどの良い役割があります。適切な入浴はぜひ行ってみてください。
ここでは、多くの方から報告のあった「シャワーを長く浴びる」危険性について確認しておいてください。
            
・刺激でかゆみが和らぐのでついつい長く浴びてしまう。
・一か所に長くかけ続けてしまう。
          
この「長時間シャワー」、「一点集中シャワー」を止めるだけで肌が大きく改善した例は多くあります。
特に、これらに「高温」、「水圧強」、「塩素対策無し」が加わると、浴後の乾燥が強くなり、スキンケアをしても追い付かない状態になります。
これは、バリア機能がさらに低下することに加えて、体の中が冷えているので入浴後の汗や皮脂といった自らのスキンケアが行えないことも重なっておこります。またこの後、暑いからと言って扇風機などで風を当てる方もいますが、さらに乾燥が進み、空冷のリバウンドでほてりやかゆみを誘発して、掻き壊しが広がるといった事態も報告されていますので気を付けてください。
          
【適切な入浴とは】
昔は、病院に行くと入浴はしないほうが良いという医師もいましたが、最近では適切に入浴することはかえって良いと指導する医師も増えてきました。
肌になにか塗っていたら、落とさないと酸化して汚れたままを重ねていくということになりますので、入浴は必要にならざるを得ません。また、入浴は体全体の皮膚にかかわる習慣なので、アトピー性皮膚炎の方にとっては「適切」な入浴方法、入浴環境はとても大切になるのです。
では適切な入浴とはどのようなものでしょうか。ひとり一人に合った適切な入浴温度、入浴時間、入浴方法はもちろんですが、肌にダメージのあるアトピー性皮膚炎においては、「肌に優しい浴湯・シャワー」、「体温に近い温度でも温まる浴湯」という入浴環境が大変重要になります。
つまり極力肌に負担をかけないで体には良い効果を与えられる環境を作ってあげることが大切になります。
具体的には、「塩素対策」、「状態に合った入浴剤の使用」、「肌ざわりの良い水質への改善」などを必要に応じて行います。
あとぴナビでは、適切な入浴法を追加して実践することで、スキンケアや薬ではなかなか改善しなかった症状が改善するケースは多く見受けられます。
ご自分の入浴方法や環境を確認したいという方は、お気軽にご相談ください。
         
          
今日は、シャワーの部分の紹介でした。
夏になると、シャワーで済ます方は多いのですが、シャワーの「問題」は、アトピー性皮膚炎の方にとって、決して無視できるものではないことを忘れないようにしましょう。

                 
おまけ★★★★東のつぶやき

アトピー性皮膚炎に関しては、水道水中の塩素が、症状の悪化に深くかかわることは、さまざまな研究であきからになっています。
また、高めの温度のシャワーは、浴びている間は痒みを刺激で和らげても、シャワー後のバリア機能は大きく落とすわけですから、そういった部分は気をつけてほしいと思います。