【閑話休題】高額な治療薬と保険適用

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

 
今日は、医療に関するWebの記事を紹介するね。
          
         
●1回3349万円の白血病治療薬、保険適用を決定
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44794650U9A510C1MM0000/
          
1回の投薬で、3349万円もする白血病治療薬が公的な医療保険でカバーされるようになる。厚生労働省は15日、白血病など血液のがんで高い治療効果が見込まれる「キムリア」の保険適用を決めた。
厚労省が同日開いた中央社会保険医療協議会(中医協)で、キムリアの公定価格(薬価)を3349万円にする案を示し、承認された。22日から保険適用する。
          
キムリアはスイス製薬大手ノバルティスが開発した。CAR-T(カーティー)と呼ばれる新たながん治療法の薬だ。患者の免疫細胞に遺伝子操作を加えて、がん細胞への攻撃力を高めてから体内に戻す。国内では初の保険適用になる。海外では米国や欧州、カナダ、スイスなどで製造・販売の承認を得ている。
治療対象は白血病の患者で抗がん剤が効かなかった人などに限定する。対象は216人と見込まれている。市場規模は72億円だ。
投与は1回で済む。ノバルティスの試験では、若年の白血病患者で8割に治療効果が見られた。
超高額薬でも患者の負担は抑えられそうだ。公的医療保険は患者の窓口負担が現役世代で3割だ。これに加え医療費の負担が重くなりすぎないよう1カ月あたりの自己負担の上限を定めた高額療養費制度がある。
例えば、年収が約500万円の人がキムリアを使った場合、40万円程度の負担で済む。大部分は税金と社会保険料で賄う。患者が加入する健康保険組合の負担は大きい。
キムリアは米国では約5200万円の価格がつき、日本国内の薬価に注目が集まっていた。米国では効き目に応じて患者から支払いを受ける成功報酬型が採用されている。日本では効果の有無に関係なく保険適用されるため、薬価を抑えることができたようだ。
医療の進歩に伴い、治療費が高額になるケースは増えている。健康保険組合連合会によると、2017年度に1カ月の医療費が1千万円以上かかった件数は532件で、5年前に比べ2倍に増えた。
近年、抗がん剤のオプジーボやC型肝炎薬のソバルディやハーボニーなど高額な薬が相次ぎ登場した影響とみられる。高額療養費の支給総額は2016年度で2兆5579億円となっている。保険財政を圧迫するとの懸念も根強くある。
ただ、薬価の過度な引き下げは製薬会社の開発意欲をそぐといった問題がある。フランスでは抗がん剤など代替性のない高額医薬品の自己負担はない一方、薬によって全額自己負担を求めるなど区別している。日本でも市販品で代替できる医薬品を公的保険から外すなど制度の見直しが必要になりそうだ。
         
            
薬価を下げると、開発費を製薬会社が回収しづらくなって、新薬の開発そのものにブレーキがかかる恐れがあるし、薬価が高いままだと、保険負担が莫大な金額になるので、今の財政が厳しいといわれる健保組合の運営にかかわることになるかもしれないから、難しい問題だよね。
今回の薬剤のように投与することで8割の患者が救われるなら、開発費そのものを公的機関が保証か負担を行い、薬価そのものは抑えられるな仕組みも必要になってくるのかもしれないね。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

薬の開発は、「開発されなかった薬のコスト」も開発に成功した薬が吸収しなければならんから、コストの問題は難しい部分が多い。
命にかかわる部分ならば、お金と天秤にかけるのはよくないのじゃが、開発そのものが頓挫するような仕組みは望ましくないから、知恵を絞って欲しいところじゃ。