夜に防御力が低下する?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は、Webで見つけた健康に関する記事を紹介しましょう。
         
         
●夜遅くに食べると虫歯になりやすい「防御力が低下するから」北海道大
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/8/28937.html
       
きょうは子供の日。昔から「寝る子は育つ」と言うが、共働きの家庭の増加やライフスタイルの変化で、夜10時を過ぎても眠らない「夜型生活」をおくる子供が増えている。北海道大学などの研究グループが、16歳以下の子供の虫歯の数と生活習慣を調査した結果、夜型生活の子供は乳歯や虫歯が多いことを突き止めた!
         
▼夜は口の中の防御機能が弱い
          
体内時計によって夜は唾液が少なくなるので、防御機能が弱まる(北海道大)
『ジャーナル・オブ・デンタル・サイエンス』に掲載された報告によると、北大大学院の八若(やわか)保孝教授と、北海道医療大学の西出真也講師らは、北大病院を受診した16歳以下の230人に聞き取り調査を実施。
その結果、乳歯期にあたる2~7歳までの38人では、夕食を決まった時間に食べていなかったり、夕食時刻が遅い子や就寝時刻が遅い子ほど虫歯が多かった。
次に永久歯が生えてきた11歳~16歳までの33人でも同じ調査を行ったところ、夕食時刻がバラバラな子で虫歯が多いことがわかった。
研究グループは、「幼い子ほど、睡眠や食事など生活習慣の乱れが、24時間周期で刻む体内時計に及ぼす影響が大きい」と指摘。そのうえで、夜になると口の中の唾液が減少して、虫歯菌に対する防御機能が弱まるために、夜遅くに食事したり、間食する子供は虫歯のリスクが高まると結論付けた。
         
         
記事によると、夜は体内時計の関係で唾液が減少、その結果、口の中の防御機能が弱まる、ということです。
注意したいのは、体の「唾液をだす機能」が時間帯によって異なる、そして唾液によって防御機能が維持されている側面がある、というところでしょう。
皮膚の場合も、皮脂と汗が乳化して作られる皮脂膜が皮膚を覆うことで、バリアの働きをします。
つまり、皮脂の分泌が低下したり、汗が出ない環境下では、皮脂膜の形成が十分でなく、皮膚のバリア機能(防御機能)は、低下した状態になる、ということです。
皮膚の場合、そうした産生力の低下が夜に強まる、という研究報告はありませんが、居住の環境により、低下しやすい状況は生まれやすくなります。
例えば、エアコンの普及は年中、一定の温度で快適な生活環境を提供してくれますが、身体にとって、汗をかきたいときに「かけない」状況ともいえ、本来なら、代替えの生活環境(汗をかきやすい生活環境)が求められます。
アトピー性皮膚炎の増加の背景には、こうした生活環境の変化も一因として関係しているのかもしれませんね。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

生活環境や生活習慣により、影響を受ける疾患は多いが、発症要因を考慮すると、アトピー性皮膚炎も、その一部と考えてもおかしくはないじゃろう。
毎日の積み重ねが、どれだけ大切か、ということじゃな。