イカスミがアレルギーを抑制する??

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        
今日は、中部大が発表したアレルギーに関する記事を紹介したいと思います。
        
         
●イカスミ成分にアレルギー抑制効果 花粉症予防薬の開発に期待 中部大グループ発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000026-mai-sctch
         
中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。3月に入ってスギ花粉の飛散が本格化する中、花粉症に効く薬の開発が期待される。オランダのオンライン学術誌に掲載された。
花粉症や食物アレルギーは、花粉などの原因物質(アレルゲン)と結合した免疫細胞の一種「マスト細胞」から炎症物質が出ることで引き起こされるという。
研究チームは、イカスミに含まれる色素成分「メラニン」に注目した。メラニン溶液に浸した培養マスト細胞と、浸さない細胞を用意。両細胞にアレルゲンを加えると、浸されたマスト細胞から出る炎症物質の量が顕著に少なかったという。顕微鏡で観察すると、メラニンが細胞表面を部分的に覆い、アレルゲンとの結合を妨げていたことが分かった。
川本准教授は「既存の花粉症予防薬には眠気などの副作用があるが、メラニンは食品にも含まれる天然物質なので、副作用は低いと予想される。今後、安全性を確認し、新薬の開発につなげたい」と話している。
            
          
記事を読む限り、「メラニンが細胞表面を部分的に覆い、アレルゲンとの結合を妨げていたことが分かった。」とありますので、抗ヒスタミン剤(受容体のブロック)に近い効果なのかもしれません。
今回の記事はイカスミに関するものですが、同様の働きをする成分は他にもあるのかもしれません。
あくまで、アレルギーを「出さない」研究ではなく、「抑える」研究ですので、根本的な解決法ではありませんが、花粉症のような時限的な影響の場合、抑えることがQOLを上げる大切な方法であることは確かです。
根本的な対策(アレルギーの反応を自ら抑制するための免疫機能のバランスを正すこと)を同時に行っていくことは意識して欲しいのですが、こうした研究も今後、注目しておきたいと思います。

                       
おまけ★★★★大田のつぶやき

こうした自然から摂取できるものに、症状を抑える働きがある、ということは興味深いところがあります。
もちろん、その影響の現れ方は個人差があるでしょうし、また、根本的な解決を目指すならば、違うアプローチも必要ですが、こうした研究は興味深いですね。