花粉皮膚炎は、洗浄と保護ケアで対策を(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                     
暦の上では春を迎えましたが、強い寒気が流れ込んできています。
寒さによる乾燥や冷えの対策はしっかり行って欲しいと思いますが、これから春を迎える時期に注意して欲しいのが「花粉対策」です。
花粉症を抱えているアトピー性皮膚炎の方は多いのですが、花粉症の症状の中には、鼻炎だけでなく、「花粉皮膚炎」「花粉症皮膚炎」と呼ばれる皮膚症状を伴うことがあります。
特に今年は、昨年よりも数倍の花粉量が予想されており、すでに飛散が始まっている地域などでは、この「花粉皮膚炎」に困っている方も多くなっているようです。

高知大学医学部のホームページに花粉皮膚炎について書かれています。

「花粉が皮膚に接触することによって生じる皮膚炎を花粉皮膚炎と呼んでいます。花粉皮膚炎は春先に生じ、他の季節には生じないこと、顔・まぶた・首など露出している部位にでやすいのが特徴です。境界のはっきりした赤みの強い、少し盛り上がった赤い発疹が花粉皮膚炎に特徴的です。」
(高知大学医学部ホームページより抜粋)

おそらく、花粉症を抱えるアトピー性皮膚炎の方の場合、花粉症の症状が出始めて、皮膚症状も悪化した場合、元のアトピー性皮膚炎の悪化を疑うケースも多いかと思います。
もちろん、アトピー性皮膚炎そのものの悪化、という部分はありますが、皮膚に付着した花粉が元で悪化している場合には、まず付着した花粉への対策を行わなければなりません。
これからの時期、鼻がぐずぐずしたり、目が涙っぽくなり始めるのと同時に、顔を中心とした部位に赤み・発疹を伴う炎症症状が見られた場合には、この花粉皮膚炎も疑った方が良いかもしれません。

花粉皮膚炎の対策は、その基本はアトピー性皮膚炎の対策と同じと考えてよいでしょう。
まずは、皮膚のバリア機能を高め、皮膚に付着した花粉の侵入を防ぐことが基本になります。
ただ、元々のアトピー性皮膚炎の症状による皮膚の掻き壊しなどがある状態では、花粉の付着による影響は「避けきれない」ということもあるでしょう。

そこで、大切になるのが、「洗浄」と「保護」です。
詳しくは、明日、述べたいと思います。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

花粉皮膚炎で気をつけたい点としては、アトピー性皮膚炎の方の場合、アトピーなのか花粉皮膚炎なのかが判別しづらいことがある、という点です。
原因物質がはっきりしている場合、その対策はしやすいのですが、逆に花粉皮膚炎だと思って花粉の対策だけしていて、症状が落ち着かない、というケースも考えられます。
症状と状態に合わせてケアを考えるようにしましょうね。