入浴剤は、何がよい?(3)

中田です。

 

 

 

 

 

 

               
昨日まで、あとぴナビの入浴剤の選び方について説明いたしました。
今日は最後に、最近お寄せいただいたアイテムの「掲示板ハガキ」から、濃縮温泉と薬用重炭酸湯の感想をいくつかご紹介しましょう。

                                   
▼薬用重炭酸湯(44歳、男性の方)

ぬるめの温度のお風呂でも、たっぷり汗がかけ、温まり方が違います。
夜の睡眠も深くなったように感じます。これからの季節に欠かせないアイテムです。

                                 

▼薬用重炭酸湯(41歳、男性の方)

アトピーがだいぶ良くなり、濃縮温泉は使わなくてもいいかな、でも予防はしておきたい!ということで、薬用重炭酸湯を使ってます!
アトピーではない家族も、よく温まって疲れがとれるので好きと言っています。
濃縮温泉より1回分のコストも安いので続けやすいです!
                                   

▼濃縮温泉はこねの湯(31歳、女性の方)

冬になり、汗もかかなくなるので、皮膚の状況も落ち着くかと思っていた矢先、ゴワゴワしてきて固くなり、かゆみや赤み、傷がひどくなってしまいました。
私は、元々お風呂が大好きなので、ストレスなく毎日のルーティーンで行えるもの・・・ということで濃縮温泉を使用しています。お風呂上がりのピリピリ感がなくなり、肌も柔らかくなってきています。自然とお風呂でも汗をしっかりかけるようになり、アトピー的にも体調を整える的にも気持ちのリフレッシュ的にもお勧めです!

                                 
冬の時期は、アトピー性皮膚炎でないご家族の方も、薬用重炭酸湯はとくに温まり方が体感できて好評いただいてます。
ご自身の状態も合わせて、上手に使い分けてみましょうね。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

入浴は本来、アトピー性皮膚炎の方にとってよくない、と言われておるが、その理由は高温で入浴することによる、入浴後の水分蒸散から生じる肌の乾燥にある。
その「乾燥」の部分をしっかり対処することができるなら、入浴は、逆にアトピー性皮膚炎にとっても大きなプラスを生むことが可能じゃ。
しっかり入浴を活かして欲しいと思うの。